このページの先頭へ

SBD Automotiveによる第2四半期のハイライト



当四半期に自動車業界においては、さまざまな発表、発売、公開、取り組みが見られ、それらはすでに業界関係者の活動に加え、その最終顧客が今後製品やサービスをどのように体験していくかに影響を及ぼしています。しかしながら、非常に多くのイノベーションが急速なペースで進んでいるため、その中から最も重要な活動を把握し、それらによる影響を理解するのは容易ではありません。本記事では、この課題を解消するのに役立つSBD Automotiveが行った最新調査と、その結果をまとめた各種レポートを紹介します。



インサイト



SBD Explores: 習慣的&懐古的な特徴および機能

本記事では、親近感を与え、感情的な結びつきを生み出し、ユーザーのエンゲージメントを促進する自動車機能の主な機能と潜在的な影響について考察しています。






人命を救う衝突回避(Collision Avoidance)などの安全機能をユーザーに最もアクセスしやすくしているOEMとは?

本記事では、SBD Automotiveが提供するデータツール「VehiclePlannerPlus」を用いてデータを掘り下げ、、各地域のプレミアムブランドと主流ブランドが提供するADAS の主な機能、そのコスト、価格戦略の違いについて検証しています。






自動車業界の最新動向:2023年第2四半期

2023年第2四半期版の本書は、当該四半期において最も注目すべき活動や発表について、業界エキスパートによるインサイトと厳選したトレンドについての解説を提供します。






ホワイトペーパー/ウェビナー



フリート、リース、レンタルセクターのデジタルトランスフォーメーション- ホワイトペーパー & ウェビナー

SBDではGrap Upと共同で、ソフトウェアディファインドビークルがフリート、リース、レンタル領域のイノベーションをどのように解き放つかについて考察するホワイトペーパーを作成しました。このホワイトペーパーに付随するウェビナーでは、自動車ソフトウェアの専門家パネルが、車載ソフトウェアの重要性と、このセクターのデジタルトランスフォーメーションを可能にする主要なソフトウェア技術の詳細について議論しています。









第2四半期イベント


EVS36の総括

SBD Automotiveでは6月に開催されたEVS36を視察し最新動向をまとめたレポートを発行しました。本書では、各セッションの重要なポイントについて解説するとともに、電動化への取り組みを加速・拡大しようとしているOEM、サプライヤー、e-MSP、スタートアップにとってのベストプラクティスについて考察します。







上海モーターショー2023の総括

2023年上海モーターショーにおける主なトレンドについてまとめた本書では、中国国内外のOEMによる最新の車載ディスプレイ、AIシステム、コネクテッド技術、ADASソリューションなどが自動車業界に与え得る影響について詳細な洞察を提供しています。






AEK 2023 - OEM各社、技術力を示すも、消費者が置き去りにされるリスク

本インサイトでは、ドイツで開催されたAutomotive Eletronik Kongress(AEK)における最新動向を紹介します。チップセット、E/Eアーキテクチャー、クラウド・コンピューティングなどの重要性について詳説し、

明日の自動車を開発する今日のOEMへの影響を考察します。






第2四半期に発行された最新レポート


ソフトウェアディファインドビークル:EEアーキテクチャガイド

本書では、ソフトウェアディファインドビークル(SDV) の主要なトレンドや技術に関するインサイト、および車両への最適なユーティリティとコストの継続的な提供を可能にするための提言を提供します。






ソフトウェアディファインドビークル:組織構築と戦略

本書では、ソフトウェアディファインドビークル(SDV)を新車ラインナップに組み込むための戦略を特定します。また、組織的な観点からSDV開発における課題と制約をまとめています。






EVのバッテリー技術とエコシステム

本書では、EVバッテリーのエコシステムに関わる主要企業や技術を紹介し、バッテリーのライフサイクルにおけるイノベーションを促す要因に焦点を当てます。今日の主要なバッテリー技術についてわかりやすく説明し、将来のバッテリー業界の展望について考察します。






EVにおけるユーザーエクスペリエンスの最適化

本書では、世界中の自動車メーカーのベストプラクティスを紹介し、自動車メーカーと消費者の双方にとって有効な解決策を提案します。また1600人を超える消費者を対象とした調査により、EV購入までの道のりや体験、EV購入への動機づけや障壁を含む消費者の意見を詳説します。






UX ベンチマーク評価 - Jeep Grand Wagoneer

UXベンチマーク評価レポートシリーズでは、欧州、米国、中国、日本市場で発売された車両をピックアップし、その車載システムのユーザビリティについて実車評価を行い、結果を考察します。本書では、JeepのGrand Wagoneerに搭載されたソリューションのUX評価をまとめています。






UX ベンチマーク評価 - Nissan Ariya

2023年に6車種を対象として発行するUXベンチマーク評価レポートシリーズの第2弾として、2023年型Nissan AriyaのHMI UX評価を実施しました。本書では、いくつかの機能領域にわたるHMIの評価を行いGrand Wagoneerとのベンチマークを実施しています。






UX ベンチマーク評価 - BYD Seal

UXベンチマーク評価レポートシリーズの最新作である本書では、BYD SealのHMI UX評価結果をまとめています。








SBD Automotiveでは毎週発行するニュースレターで

最新情報をお届けしています。購読(無料)は下記にてお申込みいただけます。



コメント


ページ下段