このページの先頭へ

SBD Explores: 習慣的&懐古的な特徴および機能





(※本記事は一部自動翻訳サービスを利用して翻訳されています。) 自動車業界が電気自動車にシフトする中、メーカーは顧客の移行を容易にするために、従来の自動車から習慣的で懐かしさを感じさせる機能を組み込んでいます。

これらの機能は、親近感を与えるだけでなく、感情的なつながりを作り出し、ドライバーのエンゲージメントを高めることを意図しています。


こうした機能のコンセプトは将来的にも残りますが、機能はいずれ陳腐化したり、他の機能に置き換わったりする可能性があるため、時間の経過とともに機能そのものが変化する可能性があります。


同分野における動向

OEMは今後発売されるEVに向け、ますます多くの習慣的・懐古的機能を開発しています。


なぜ、それが重要なのか?

EV市場は急速に拡大しており、習慣的・懐古的機能は、アーリーマジョリティとレイトマジョリティの間でEVの受け入れを拡大する触媒として機能する可能性があります。

  • EVのアーリーアダプターは、新しくユニークな機能を好む可能性がある一方、ラガード勢は慣れ親しんだ機能を求めることが予想されます。

  • 習慣的な機能は、OEMがEVでアーリーマジョリティとレイトマジョリティをターゲットにする際に有用です。

  • また懐古的な機能も、レイトマジョリティやラガードがEVを導入する際に役立つ可能性があります。

  • 斬新で最先端の機能も、時間が経てばやがて習慣的な機能になっていくかもしれません。

  • 最先端機能の中には、顧客に受け入れられずに廃れてしまうものもあります。そのため、例えばTeslaのヨークステアリングホイールの例のように、以前置き換えられた機能が復活するということもあり得ます。


今後の展望

EVの習慣的機能は段階的に廃止され、自動運転車やシェアードモビリティが、新たな習慣的・懐古的な機能をもたらす可能性があります。

  • フェイクフロントグリルは、人々が新たな方法に慣れるにつれて段階的に廃止されていくと見られる一方で、フェイクエンジンサウンドのような機能は、パフォーマンスモデルなど一部のモデルで残ると予想されます。

  • インストルメントクラスターは、おそらくノ懐古的な要素を持つARやHUDシステムに置き換えられていくでしょう。これは、一部の馴染みある機能が、より高度なバージョンに置き換えられていくということを示しています。

  • 最初は最先端の自動運転機能が人々を引き付けるものの、大半は習慣的な機能を利用することになるでしょう。そしてやがては、懐古的な自動運転機能が効果的となるかもしれません。

  • シェアードモビリティは、ユーザーが利用するモデルが多様であるため、習慣的な機能が有用となる可能性が特に高いと言えます。


  1. 顧客のICEからEVへの移行を容易にし、EVの迅速な普及を実現するため、OEMはより習慣的な機能を導入することになるでしょう。

  2. レイトマジョリティやラガードにEVが受け入れられるようにするには、OEMは懐古的な機能を導入する必要があるかもしれません。

  3. 一部のOEMは、既存の習慣的機能に取って代わる可能性のある最先端の機能を試すことになると見られます。

  4. 受け入れられた最先端の機能は、「新たな」習慣的機能となりEVから先進的な交通手段への移行を促す可能性があります。


注視すべきこととは?

基本的な機能がデライトやパフォーマンス機能となったり、最先端の機能が基本機能となったりする可能性を注視する必要があります。

  • 最先端の機能は時間が経つにつれ、喜びなどの感情的・心理的価値の自然な減衰により、その魅力を失っていきます。このような機能は、パフォーマンスあるいは基本的な機能へと変化していきます。

  • フロントグリルやギアボックスなどは、基本的な装備・機能からノスタルジーとしてEVで喜ばれるようになったが、定着しない可能性があります。

  • OEMは、EVのライフサイクルや、どのレベルのユーザーをターゲットにしているかによって、機能の導入や廃止を行うことになるでしょう。

  • 一部OEMの中には、行き過ぎて後退が必要なところもあれば、製品のタイムラインを誤ってしまうところもあるでしょう。


とるべき対応

Observe

前述のような機能が、その開発コストと比較して、EVへのシフトにどれだけ有用であるかを注視する必要があります。Toyota、Tesla、Fordは、習慣的に慣れ親しんだ機能のEVへの搭載を進めているリーダー的存在です。


Invest

ユーザーにとってどのような習慣的機能がより重要なのか、また性能や安全性を損なうことなく新エネルギー車に効果的に搭載する方法を明らかにするための研究に投資する必要があります。


Create

「魅力的な機能」から「なくてはならない機能」、そして「新たな習慣的機能」になる可能性を秘めた、ユニークな最先端機能を新たに創造することが重要です。


詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotiveではカスタムプロジェクトを通じて、クライアントが新たな課題や機会へ取り組むことを支援しています。インフォテイメントシステムに関連する最近のプロジェクトに関する詳細や、その他ご要望については下記までお問い合わせください。



 

関連コンテンツ:












 

コメント


ページ下段