このページの先頭へ

EVにおけるユーザーエクスペリエンスの最適化

Research Report

トピック

フォーマット

Electric Vehicles

分析

レポート番号: 

222

本書の概要

本書の詳細は下記「詳細を見る」をクリックしてパンフレットをダウンロードください。パンフレットには、目次や概要などの詳細を掲載しています。

レポートの価格やその他ご不明点に関するお問い合わせは、「価格を問い合わせる」から送信ください。

対象地域

発行頻度

レポート形態

ページ数

グローバル

米国

中国

欧州

毎年更新

四半期更新

ワンタイム

EXCEL

PDF

PPT

150+

本書について

従来のICE車の時代において、自動車のライフサイクルにおけるユーザージャーニーおよびユーザーの役割はほとんど変わっていません。また、自動車のユーザーエクスペリエンスには、自動車で移動するということ以外のものが含まれるという理解も同様です。世界各国の政府がゼロエミッションの目標を掲げ、多くの国において内燃機関車両を禁止する法律が制定され、その結果、EVの普及が進んでいます。

しかしながらEVは、ICEユーザージャーニーと比べEVユーザージャーニーの計画と実行において、消費者と自動車メーカーの双方にいくつかの課題をもたらす可能性があります。これらの課題は、消費者がEVの購入やリースを検討する際にまず発生しますが、そのままにしておくとライフサイクルの途中で継続・悪化する可能性があります。

本書「EVにおけるユーザーエクスペリエンスの最適化」では、EVの新規顧客や見込み顧客をサポートするために自動車メーカーが実施しているベストプラクティスを紹介しています。自動車メーカーと消費者の双方にメリットをもたらすソリューションを推奨するとともに、自動車メーカーがパートナーシップを活用してカスタマージャーニーを強化する方法についても概説しています。また、世界各国のEVドライバーにとって最も価値のある車載機能およびアプリ内機能についても紹介しています。

01

電動走行体験への移行を加速させるために、自動車メーカーはどのようなソリューションを導入できるか?

02

新たなEVユーザーにとっての課題とは?

03

自動車メーカーが充電ネットワークと提携し、カスタマージャーニーを向上させるにはどうすればよいのか?

Key Questions Answered

04

EVドライバーにとって最も価値のある車載機能およびアプリ内機能とは?

本書のご契約について

ご契約いただいたレポートはSBDのお客様専用ポータルで提供

ポータルサービスでは法人・団体様ごとにアカウントを作成し、アカウントに紐づくユーザー様間でご契約レポートを共有していただけます。本書をすでにご契約いただいている場合は、下記よりポータルへアクセスしレポートの閲覧・ダウンロードが可能です。

ポータルへの新規ユーザー登録も下記より行っていただけます。所属法人・団体のアカウントへの認証が完了次第、ご契約レポートへのアクセスが可能となります。また、未契約のレポートについてもサンプルをダウンロードしていただけます。

ページ下段