このページの先頭へ

SBD Automotive

調査レポート

SBD Automotiveでは業界の最新動向を継続的に調査・分析しデータおよびインサイトに富んだレポートにまとめご提供しています。

2024年向け新刊「AI in Automotive Report」、「Automotive Sustainability Guide」、「UX Enabling Tech Series」など、定期的に更新される自動車予測、データベース、ガイド、調査、分析レポートのライブラリを提供しています。

検索結果はありません

もう一度検索してください

レポートタイプ

予測

ガイド

分析

評価

データベース

カテゴリー

Connected

Autonomous

Shared Mobility

Electrification

Security

UX

Disruption Radar

イベント

車載・オフボードシステムに影響を与えるサイバーセキュリティに関する法律、ベストプラクティスのガイドライン、技術標準の包括的なガイドです。

本書「サイバーセキュリティ法規制ガイド」は、欧州、米国、中国、日本における政府の指令、ガイドライン、標準によって生じる脅威と機会を特定します。また、重要な進展があった場合には、世界各国の関連法案についても随時情報を提供しています。

ガイド

Security

本書「EV法規制ガイド」は、自動車業界の電動化に法規制が及ぼす影響について分析するものです。本書では、主に欧州・米国・中国の3つの主要地域に焦点を当て、各地域における法規制やインセンティブによる影響と機会を検証します。四半期ごとに更新し、最新動向を提供するPPT版レポートとともに、より詳細な分析が可能なExcel版が付属します。

ガイド

Electric Vehicles

自動車業界ではアクティブセーフティやADAS搭載車両が増加しており、他の業界が技術導入の過程で経験してきたような法規制上の課題に現在直面しています。政府機関の間では自動運転業界の成長の速さと、その成長に伴う課題(こうした課題による影響)に対する関心が高まってきています。 

ガイド

ADAS & 自動運転

コネクテッドサービスに対する活発かつ発展途上の法規制の影響をグローバルに評価した報告書です。

コネクテッドカー・エコシステムは急速なスピードで進化している。その中で、従来の OEM やサプライヤーは、自社のサービスを強化し、変化し続ける消費者の要求を満たすための最善の方法を常に模索している。同時に、スタートアップや消費者向けテクノロジー企業を含む新しいプレーヤーが、自動車の開発、生産、ユーザー体験にコネクティビティを組み込むことを意図して台頭してきています。

ガイド

Connected

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、BMW X1のHMI UX評価を実施しました。

2024 BMW X1は、新たなiDrive 9オペレーティングシステム(OS)を搭載して発売された最初のBMWモデルです。新たなiDrive 9システムはAndroid OSをベースにしており、これはiDrive 8.5システムを搭載した以前のBMWモデルと同じです。ただし今回の評価では、これまでのBMWのモデルにはなかった幾つかの予期せぬ問題点が見つかりました。

評価

User Experience

今日、世界中の OEM は、より多くのADAS と自律的な機能、およびよりインテリジェントなインフォテインメント・ソリューションを車両に搭載しています。これらのイノベーションは主に、ユーザーエクスペリエンス を全体的に強化するために機能し、多くの場合コックピットに搭載されます。コックピットは、より多様な体験を車両に統合するため、一部の OEM によって第三の居住空間と呼ばれるようになってきています。

ガイド

Connected

世界のコネクテッドサービス の戦略、キープレイヤー、ビジネスモデルに関する包括的な洞察。

近年、サービスベースのアプリケーションやソリューションが自動車業界 に採用され、顧客の自動車との関わり方に影響を及ぼしている。今日の消費者は、自動車の購入やリースからメンテナンスや修理に至るまで、所有サイクル全体に広がるサービスから恩恵を受けることができます。

ガイド

Connected

主要3地域が提供する最新のデジタルキーの総合ガイド(隔年刊)です。

自動車内のソフトウェアベースの機能やシステムの存在感が増すにつれ、スマートフォン上でホストされる体験の数が増加しています。その中でも特に注目されているのが、スマートフォンを活用して車の解錠・施錠・発進を行うデジタルキーです。現在では、一部の高級車メーカーが標準装備し、その他の大衆車メーカーはプレミアムパッケージや上級モデルのオプション機能として提供しており、プレミアム機能として広く認知されています。

ガイド

Security

SBD Automotiveのイベントレポートシリーズでは、自動車業界にとって重要なイベント3つを取り上げ、その概要を包括的に紹介します。各イベントについて、その最新情報やトレンド、重要なトピックを掘り下げて解説するとともに、これらの発表が業界全体にどのような影響を及ぼすかを考察します。本シリーズは、年間を通じて開催される自動車業界に関連するイベントに焦点を当て、対象となるイベントの開催後約2週間以内(※英語レポートの場合)を目途にレポートを発行します。

分析

Disruption Radar

本書は、自動車分野における生成AIのユースケースに関する洞察を提供するとともに、これが業界にどのような影響を与えるかを検証するものです。本書では、今後5年間に影響を受けるであろう機能アプリケーションレベルを把握し、上流アプリケーションおよび機能の垂直分野におけるケーススタディを紹介します。また、生成AIの短期、中期、長期での自動車向けユースケースについて解説し、潜在的なパートナーや、現在のプレーヤーがこの技術に対して取っているさまざまなアプローチを特定します。

ガイド

Industry Outlook

発行予定のレポート

EVアプリ&デジタルコンシューマーエクスペリエンスガイドは、自動車メーカーがEVアプリとデジタルコンシューマーエクスペリエンスをどのように提供しているかについて、5つの重要なステップを通じて詳細に解説している。EVの普及を促進するためにデジタルツールやサービスをどのように活用できるかについての洞察を提供する一方で、EVユーザージャーニーの主要コンポーネントをデジタル化するためのベストプラクティスを特定し、EV関連の新しいデジタル体験を提供し、サポートするために、リモートと車内の車両体験がどのように連動するかを理解している。

ガイド

持続可能な

発行予定のレポート

本レポートでは、当社の専門家が双方向充電の様々な機会と課題について、車両への対応や家庭用エネルギー管理システム(HEM)との統合を含めて解説している。また、双方向充電が、自動車メーカー、エネルギー管理プロバイダー、主要インフラプレーヤー全体の新たな協力関係を刺激しながら、仮想発電所の開発をどのようにサポートするかを理解している。双方向充電の可能性についてのさらなる洞察は、EV双方向充電のパイロットと最新の商業的発表の深掘りによって提供される。

ガイド

持続可能な

発行予定のレポート

本書では、OEMやバリューチェーン内のプレーヤーが現在採用している持続可能性を重視したテクノロジーの最新動向を示すとともに、バッテリー以外の素材や部品の持続可能な調達戦略に関する見識を提供します。さらに、企業レベルでのケーススタディや、OEMの持続可能性への取り組みに関するベストプラクティスを通じて、最新動向について解説します。また、自動車以外の分野にも焦点を当て、炭素回収、カーボンオフセット、エネルギー利用、主要製造業などの持続可能なプロセスに対するOEMのアプローチも紹介します。

ガイド

持続可能な

発行予定のレポート

本書では自動車OEMとその周辺のエコシステムが、SDVにおいて最も重要なソフトウェア開発の課題に具体的にどのように取り組んでいるかを戦略の観点から考察します。また、自動車ソフトウェア開発を最適化するための組織戦略と技術戦略の相互の効果について解説し、現在使用されているツールセットの能力と、自動車のバリューチェーンに影響を与える自動車以外のソフトウェア開発のトレンドの両方を明らかにします。さらに、自動車メーカーとそのパートナーがクラウド、デジタルツイン、DevOpsツールキットをどのように活用して SDVソフトウェア開発をさらに加速させ、成功を確実なものにしようとしているのかについて考察します。

ガイド

シームレス

発行予定のレポート

本書は2部構成の新シリーズの一環として、SBDのユーザビリティエキスパートが、SBDのUXベンチマーク評価シリーズ(レポート番号:635)で評価したモデルで提供されているコンパニオンアプリのUXのさらに深堀りし検証します。これらのアプリについて、スマートフォンで提供されるUXに焦点を当て解説するとともに、コネクテッドカーの機能との相互作用を検証します。2024年の新シリーズでは、現代のコンパニオンアプリの実装、差別化、主要なUSPについて、最新のハンズオフドライビングシステムの真価と共に、より広範な洞察を提供します。

評価

User Experience

発行予定のレポート

本書は、2部構成の「UX実現技術調査シリーズ」の1部であり、SBDのUXベンチマーク評価シリーズ(レポート番号:635)で評価したモデルに搭載されているハンズオフドライビングシステムのUXについて、深掘りして評価を行うものです。SBDのユーザビリティエキスパートが各モデルのシステム体験を精査し、警告の実装やドライバーの注意レベルのシステム監視などの側面を評価しています。シリーズ全体として、これらのADASの実装、差別化、および主要な独自のセールスポイント(USP)について、自動車コンパニオンアプリの最新動向とともに、より広範な洞察を提供します。

評価

User Experience

発行予定のレポート

今回の車載HMI UX評価・ベンチマークシリーズでは、UXチームがMG4 EVをテストしている。

全体として、MG4は堅実で信頼できるシステムを提供し、ユーザーの期待にほぼ応えている。MG4は、欧州市場に展開する中国開発のシステムとしては堅実な試みではあるが、各領域において多くの欠点があり、改善の余地が残されている。

評価

User Experience

本書では、地域別、セグメント別のイネーブラ技術の今後の成長についての予測を提供します。10年予測では、主要なOEMグループが将来のE/Eアーキテクチャ要素をどのように展開するかを理解し、これらの要素がどのように進化していくかを評価しています。付属のExcel版では、売上高に加え、ブランドや国別に分類された詳細なデータ駆動型分析が可能です。

予測

Connected

本書では、OEMがすでに使用している主要テクノロジーと、それらが可能にするさまざまなユースケースについて概説しています。また、これら技術のエコシステム分析に加え、5年後、10年後のADAS向けマップおよびローカライゼーションシステムの採用についても展望します。これらのソリューションの広範な範囲を反映し、OEMの課題やイノベーションの目標に対応するために、これらソリューションがさまざまなユースケースでどのように実装されているかを図解します。

分析

ADAS & 自動運転

発行予定のレポート

本書「ソフトウェアディファインドビークルにおけるセキュリティ」では、SDVをチップからクラウドまで網羅しながら一般的なアーキテクチャの典型的な脅威モデルを提供し、SDV テクノロジースタックの各層における悪質なサイバーセキュリティ攻撃を防止、検出、抑制するためのベストプラクティスを明らかにします。

分析

Security

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、Fisker OceanのHMI UX評価を実施しました。

Fisker OceanのUXは期待されていたスコアには至らず、2023年にテストされた全車両の中で最下位という結果に終わりました。
また機能性についてはB-にとどまり、2023年にテストした車両の中で2番目に低いものと同じスコアとなりました。
このスコアはテスト実施時(2023年8月)に提供されているサービス/機能に基づくものです。

評価

User Experience

SBDの2021年版「自動車におけるヘルスケアとウェルビーイング」レポートに続く2024年版の本レポートでは、自動車のヘルスケアおよびウェルビーイング技術の現状および消費者の嗜好と購入傾向について、定量的な消費者調査から市場の展望を示します。

2024年版では、現在市場で入手可能な主な技術やシステムについて評価・分析するとともに、ヘルスケアおよびウェルビーイングソリューション全体の成熟度や期待される展開に焦点を当てた最新のロードマップを提供します。

分析

Disruption Radar

本書では、フリートマネジメントソリューション(FMS)バリューチェーンへの参加を希望するOEMのための主要な機会と課題を特定します。FMSとその関連サービスを取り入れるために必要な戦略を明確に理解し、関係者が追求している製品、サービス、ビジネスモデルの概要を示します。

分析

Connected

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、Peugeot 408GTのHMI UX評価を実施しました。

Peugeot 408は、ユーザーエクスペリエンスで高いスコアを獲得し、2022年および2023年の評価車種との比較で中位グループに位置しています。一方、機能性スコアはC+評価で、2022年の機能性ランキングで最下位の車種と同位置、2023年の総合ランキングでは最下位という結果となりました。

評価

User Experience

本書は、現在の最新アーキテクチャを評価し、ソフトウェアディファインドビークル(SDV)の実現に向けてプランナーやエンジニアをサポートします。SDVの主要なトレンドや技術に関するインサイト、および車両への最適なユーティリティとコストの継続的な提供を可能にするための提言を提供します。また、付属するExcel版では、リリース毎に数千のデータポイントから最新のデータを提供し、適切な意思決定をサポートします。

分析

Connected

本書では、ソフトウェアディファインドビークル(SDV)を新車ラインナップに組み込むための戦略を特定します。本書では、主要なプレイヤーがSDV開発に向けてどのように組織体制構築に取り組んでいるかについて解説するとともに、ステークホルダが現在追求している製品、サービス、ビジネスモデルを明らかにします。また、組織的な観点からSDV開発における課題と制約をまとめています。

分析

Connected

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、BYD SealのHMI UX評価を実施しました。

全体として、このシステムはUXで高いスコアを、機能性でも相応のスコアを獲得しています。音声認識と豊富なアプリの提供で良い印象を与えている一方で、機能の欠如や一部の機能の統合が不十分であったため、より高い総合スコアを獲得するには至りませんでした。

評価

User Experience

今回は、UXチームがNissan Ariyaを試乗しました。

全体として、多くの機能が許容できる水準で提供されており、印象的なインテリア外観とADAS 機能が提供されています。しかし、HMI全体におけるいくつかの視覚的な詳細の表現が不十分であること、圧倒的な機能セット、および音声認識システムが苦戦していることが、より高い総合スコアを得る妨げとなっています。

評価

User Experience

本書では、EVバッテリーのエコシステムに関わる主要企業や技術を紹介し、バッテリーのライフサイクルにおけるイノベーションを促す要因に焦点を当てます。今日の主要なバッテリー技術についてわかりやすく説明し、将来のバッテリー業界の展望について考察します。また、バッテリーのリサイクルと再利用という最近のトレンドについても取り上げ、その主な取り組みとそれを支える技術について解説します。

分析

Electric Vehicles

本書では、世界中の自動車メーカーのベストプラクティスを紹介し、自動車メーカーと消費者の双方にとって有効な解決策を提案します。また消費者調査により、EV購入までの道のりや体験、EV購入への動機づけや障壁を含む消費者の意見を詳説します。

分析

Electric Vehicles

本書では、コックピット要素や主要なコックピット機能の普及についての見通しを示すとともに、10年後の市場別の搭載率を予測します。

分析

Connected

自動運転へのシフトはすでに自動車業界に影響を及ぼしており、今後もその影響は続くと思われます。現在、多くのOEMが自動運転技術およびシステムのサプライヤーへの投資・買収を行うと共に新たな取り組みを発表しており、エコシステムは急速に進化しています。同様にこのエコシステムからは、特殊なシステムオンチップ・ユニットから完全なセンサ・スイートまで、協業・提携関係やシステム開発に特化するスタートアップが新たに生まれています。

分析

ADAS & 自動運転

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、Jeep Grand WagoneerのHMI UX評価を実施しました。

Jeep Grand Wagoneerは、コネクテッドナビシステム、エンターテイメントや情報機能、様々なデライト機能などを総合的に備えており、SBDの機能性スコアでは高評価を獲得しました。ただし同システムは、テスト中に重大なバグが多数発生したことや、全体的な視認性に関する懸念事項などにより、UXスコアが下がっています。

評価

User Experience

世界におけるコネクテッド機能とサービスの成長予測に焦点を当てたデータ重視の10年予測。

今日、世界中のOEMが、よりインテリジェントなインフォテインメント・ソリューションだけでなく、より多くのADAS 、自律走行機能を自動車に装備している。これらのイノベーションは、主にユーザーエクスペリエンス 、全体的な機能強化のために機能し、多くの場合コックピットに搭載されている。コックピットは、より多様な体験を車両に統合するため、一部のOEMによって第3の居住空間と呼ばれるようになっている。

予測

Connected

CESは、毎年ネバダ州ラスベガスで開催される技術に特化したトレードショーで、メーカー、サプライヤー、開発者らがカンファレンスやブースで最新のイノベーションを紹介する場です。

CESに展示される技術はコンシューマーエレクトロニクス分野が中心であるものの、近年は自動車分野の存在感も高まっています。自動車関連の技術は今や、CESの主要部門の一つとなっており、多くのキープレーヤーらが同イベントで最新の発表を行っています。

分析

Disruption Radar

OEM各社はADAS機能の車両への統合をさらに拡大し、生産を目的とした自動運転車のコンセプトを発表しています。自動運転車向けの技術開発を発表しているさまざまなサプライヤーやテクノロジー企業にも、その取り組みを推進する動きが見られます。

予測

ADAS & 自動運転

中国における新車販売市場の成熟に伴い、欧米などの主要市場ですでに足場を築いた中国国内OEMは、インドやアフリカなどの新規市場への参入を模索し、新規参入OEMは欧米への進出に意欲を示しています。

本書「中国OEMの世界戦略:グローバル展開の加速状況」では、存在感を増している中国OEMについて、提供する製品や能力、アプローチとともに分析しています。

分析

CASESの実現

レベル4自動運転が導入されれば、自動車業界は大きな影響を受けることになります。この影響はすでに複数のセクターで現れています。さまざまな地域で自動運転サービスが試験的に開始されており、OEMは最新の車両により多くのL4自動運転機能やシステムを搭載しています。また、L4自動運転により、モビリティやトラック輸送など、さらなる自動車セクターに新たな機会が提供され、新たなプレーヤーへの道が開かれることになるでしょう。

予測

ADAS & 自動運転

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、Lexus NXのHMI UX評価を実施しました。

Lexus NXのユーザーエクスペリエンスに関するスコアは許容範囲ではあったものの、機能性スコアは過去2年間でSBD Automotiveがテストした車両の中で最も低いレベルとなりました。

注目すべきは、2021年にテストしたLexus LSよりも機能性スコアが低いことです。LSはよりプレミアムなモデルとされていますが、NXが機能性スコアのグレードを2つ下げたことは、大きな後退です。

評価

User Experience

自動車メーカー各社によるICE車からEVへの転換への取り組みや、政府によるEV購入に対する様々なインセンティブの導入により、EVの普及率と販売台数は急速な伸びを見せています。一般消費者、フリート運営者、サービス事業者のEVへの乗り換えが進みつつある中、再び関心を集めているのがEV充電ネットワークの構築です。

ガイド

Electric Vehicles

主要市場のEV事情と充電インフラを深く掘り下げて解説

EVは様々なメーカーから提供されており、消費者の人気や支持がますます高まっています。OEMにとっては、政府の政策やインセンティブに加え、新たなビジネスモデルや収益源創出の機会がうまれています。このため、多くの自動車メーカーが2030年までにICE車を段階的に廃止しEVに置き換えるという電動化戦略を採用しています。

ガイド

Electric Vehicles

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、Hummer EV PickupのHMI UX評価を実施しました。

Hummer EV Pickupは、機能性とユーザーエクスペリエンス (UX)の両方で高いスコアを獲得し、多くの業界リーダーを含む過去2年間の評価対象車の大半よりも高いUX評価結果となりました。特に、同じプレミアムセグメントのEVモデルであるRivian R1TよりもUXにおいて高いスコアとなっており、その主な要因はHummerが高い安定性を示しているためです。しかしながら、Cadillac Escaladeと比較すると、両モデルが同じOEMであるにもかかわらず、機能性とUXの両面で劣るという結果となりました。

評価

User Experience