このページの先頭へ

フリート、リース、レンタルセクターのデジタルトランスフォーメーション

ソフトウェアディファインドビークルによるイノベーションへの影響とは


アフターマーケットにおけるフリートマネジメントサービス(FMS)の後付けアプリケーションは、現在、年間300億ドル以上のSAAS収益を上げており、数年前から年平均成長率15%で成長しています。

しかしながら、乗用車(リース車両など)の保有台数はLCVの保有台数よりはるかに多いにもかかわらず、市場は乗用車よりも商用車が中心となっています。


LCVの分野では、OEMのフリートマネジメントソリューションは、フリートマネージャーから注目されてきませんでした。この背景には、OEMが競合ブランドと完全な互換性を持たないOEMブランドのみのソリューションを提供しており、フリートマネージャーはブランドの固定化に好意的ではないということがあります。


2023年に販売されるほぼすべての自動車は、通信機能が組み込まれた状態で工場から出荷されると見られています。OEMは機密データを安全に処理しながらB2Bポータルの開発を進めており、サービスベースのB2B収益源として野心的な目標を掲げています。これはアフターマーケットのFMSプレーヤーにとって、ゲームオーバーを意味するのでしょうか?重要な構成要素は揃っている一方で、車載ハードウェアおよびソフトウェアはどうでしょうか?


SBD AutomotiveおよびGrape UPが作成したホワイトペーパー「フリート、リース、レンタル業界のデジタルトランスフォーメーション」(英語版)は下記からダウンロードいただけます。












ウェビナーは下記にて配信中


ウェビナーでは、業界のエキスパートが、ソフトウェアディファインドビークルがフリート、リース、レンタル領域のイノベーションをどのように解き放つかについて議論します。


講演者:

Lee Colman- チーフ・プロダクション・オフィサー SBD Automotive.

ロマン・スウォシャウスキー- AI・クラウド研究開発担当副社長 グレープアップ. ミハエル・ペトラル- プロダクトオーナー CARIAD.

パブロ・アルジョニージャ - 中型・大型トラック グローバルイノベーションマネージャー イヴェコ・グループ.


パネルディスカッションでは、以下のトピックを主に取り上げるほか、Q&Aセッションで参加者様からのご質問に直接お答えします:


なぜ車載ソフトウェアが重要なのか?


デジタルトランスフォーメーションはどのように実現するのか?

- 車載ソフトウェアエコシステム

- アフターマーケットフリートサービス

- OEM車両とクラウドサービス

- B2Bアジリティ


ウェビナーを視聴する


コメンタリオス


ページ下段