このページの先頭へ

ソフトウェアディファインドビークルを実現する上で自動車メーカーが直面する課題:診断と提言


SDV ウェビナーのメイン画像 -SBD Automotive, Qualcomm & AWS



量販自動車メーカー各社は、AIや、定期的なソフトウェアアップデート、新しいセンシング手法を駆使した高度なデジタル体験や運転体験を通じて、プロセスの迅速化や、コスト削減し、顧客のための新たな価値創造を求められています。ソフトウェアディファインドビークルはこれらの問題を解決する万能薬と考えられていますが、ほとんどの企業は、社内およびサプライヤーの既存の知的財産を最大限に再利用しようとしており、業界はその採用を加速させるのに苦慮しています。


このウェビナーでは、ソフトウェアディファインドビークル(SDV)実現に向けた初期の取り組みについて評価を行い、自動車業界が直面する様々な課題を明らかにしています。また消費者のニーズや、自動車メーカー各社の動向などから、これらの課題に対処するための洞察、提案、ケーススタディを提供します。


QualcommおよびAWSからお招きしたゲストスピーカーが、最先端のSDV技術に関する知見を紹介すると共に、SDVの構築において自動車メーカーをサポートする、急速な進化を遂げつつあるツールチェーンについて解説しています。


今回のウェビナーに参加いただけなかった方につきましても、現在、録画動画を下記にて公開しております。講演資料も下記よりダウンロードいただけます。


開催概要:

開催日時:2024年5月16日(木)
開催形式:バーチャルイベント+ホワイトペーパー
スピーカー:Qualcomm、AWS for Automotive、SBD Automotive


スピーカー

Jason France、SBD Automotive


Jason France

商品企画 コンサルティングマネージャー

SBD Automotive






Girish Shirasat - Qualcomm


Girish Shirasat氏

ソフトウェアディファインドビークルインフラストラクチャー担当シニア・ディレクター兼ヘッド

Qualcomm





Stefano Marzani - AWS


Stefano Marzani氏

ソフトウェアディファインドビークル ワールドワイドテックリーダー

AWS






 


ウェビナー録画動画(英語)および講演資料(英語版)は下記からアクセスいただけます。







 


本ウェビナーの内容に関するご質問や、SDVに関する調査レポートおよび個別サポートの詳細に関するお問合せは、下記にて承っております。







留言


ページ下段