このページの先頭へ

人命を救う衝突回避(Collision Avoidance)などの安全機能をユーザーに最もアクセスしやすくしているOEMとは?

日本と韓国のブランドはいかにして安全装備を普及させ、(ますます)手頃な価格にしているのか?


2023年、自動緊急ブレーキ(AEB)のような自律走行型ドライバーの安全機能が、米国でついに日の目を見ることになる。 昨年のIIHSの研究「衝突回避技術の実社会でのメリット」では、AEB搭載車は前方から後方への衝突件数を50%減少させたと指摘されている。さらに、米運輸省NHTSAは、AEBシステムを義務化する提案を発表した。 AEBシステムを小型トラックと乗用車にを義務化する案を発表した。


この10年間、各国政府や自動車ブランドは自動車の安全性向上を推進していますが、先進運転支援システム(ADAS)は何年も前から出回っています。例えば、アダプティブクルーズコントロールは1990年代からプレミアムブランドや高級ブランドで採用されており、2000年代にはレーンキープアシスト(LKA)のような複雑な機能が導入されています。


過去5年間、伝統的なICE車メーカーは、部分的な自動化を伴う運転支援を含むレベル1とレベル2のシステムに焦点を当ててきました。これらの機能は、人命を救う自動介入から、QOLやドライバーの快適性に焦点を当てたアップグレードまで多岐にわたります。


しかしながら、一部のブランドではこうした機能の採用が遅れているようです。それはOEMのコストの問題なのか、あるいはこのような機能を求める消費者市場の需要の問題なのでしょうか?


この研究では VehiclePlannerPlusを使い、データを掘り下げて調べた:

  1. 現在、最も一般的に利用されているADAS

  2. これらの機能の業界平均コスト

  3. 各ブランドによる機能の価格設定

注:本記事作成に当たり使用するデータは、米国で販売された車両のデータのみを含み、グローバルブランドと国産ブランドの両方を含む

ADAS 機能の定義については本記事下段の付録をご参照ください。


自動車メーカー各社は、こうした新しい運転支援技術に対して、顧客がどのような対価を支払うことを期待しているのか?

我々の VehiclePlannerPlus (VPP)ADAS の分析によると、これらの機能の価格はブランドによって大きく異なる。


VPPを用いて、特定のADAS機能を搭載した車両の平均価格を算出しました。


これらの機能の中には、パッケージとしてまとめられているものや、トリムアップグレードとして含まれているものがあることに注意することが重要ですが、おおよその価格としてどのアップグレードが他のものよりも平均的に高価であるかがわかります。





上のグラフを見ると、いくつかの重要なポイントが見えてきます:

  • 歩行者や前方車両に対する緊急ブレーキアシスト(EBA)が最も安価だが、死角モニタリング(BSM)、レーンキープアシスト(LKA)、ハイ・ロービーム自動切換え(AHD)は1,000ドル前後で横並び

  • クロストラフィックアラート(CTA)、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱防止支援(LDP)は1,700ドルから3,500ドルへと価格は上昇傾向

これらの機能の搭載にはコストがかかるにもかかわらず、多くのメーカーは希望小売価格の最も低いモデルやトリムに、最も安価な機能を搭載しています。


ブランド別ADAS機能価格

各ブランドの車両価格とADAS機能価格を見てみましょう。


以下は、調査手法について概説するものです:

  • 各ブランドのベースモデルを合算し、平均値を算出した。 ブランド平均希望小売価格.

  • 各ブランドの車両は、ADAS のフィーチャー・コストを加算して平均化し、ブランド平均フィーチャー価格を作成している。 ブランド平均機能価格。

  • データはすべてMY2023のもの

  • このデータには、商用車、乗用車バン、高級車は含まれていない

  • Y軸に表示される機能価格は、モデル内のトリムアップグレードと、特定のADAS機能を得るために必要なパッケージの両方を考慮している。デフォルトではVPPは、機能を搭載するための最も安価な経路を考慮する。







各グラフには4つの象限が示されています:

  • 左下の象限:希望小売価格が低く、ADAS機能価格が低い。この象限は、ADAS 機能を備えた車両にとって最も経済的なブランドを表す。

  • 左上の象限:希望小売価格が低く、ADAS機能価格が高い。この象限は、ADAS機能にプレミアム価格を課す低価格ブランドを表す。

  • 右下の象限:希望小売価格が高く、ADAS機能価格が低い。この象限は、ADASのアップグレードを低価格で含む、基本希望小売価格の高いブランドを表す。

  • 右上の象限:希望小売価格が高く、ADAS 特徴価格が高い。この象限は、希望小売価格とADAS機能価格がともに高く、ADASへのアクセスを可能な限り困難にしているブランドを表す。

ADAS機能の平均価格が「0ドル」表示となっている意味は?

  • ADAS機能の平均価格(ADAS Feature Average Price)が$0の場合、そのブランドの車両にはADAS機能が標準装備されていることを示しています。

ADASの価格は読者の皆様の最初の推測通りだったでしょうか?希望小売価格とADAS 機能の平均価格が予想外だったブランドはあったでしょうか?


注目すべき点として、いくつかの主要OEM/ブランドはグラフの上限を超えているため掲載されていません。例えばFord 、Jeepともに車線逸脱防止支援の価格が非常に高額で、Fordは平均13,951ドル、Jeepの平均価格は21,253ドルでした。


ブランド別ADASランキング:

VehiclePlannerPlusのデータに基づき、主流ブランドとプレミアムブランドの両方について、「機能ごとの最高の価値」でOEMをランク付けしました。


Mazda、Toyota、Chrysler、Hondaのような主流ブランドは、ADAS機能の全体的なコストを低く抑える方法を見出しています。一方、Jeep、Ram、Dodge、Ford のような多くの「レガシー」米国ブランド(特にトラックやSUVを中心に販売しているブランド)は、「オプションインフレ」に陥っているようだ。これらの安全機能の一部は一般的に、内装トリムのアップグレード、快適性&利便性機能、幅広い上位トリムといった他の「プレミアム」機能とセットにされています。


プレミアム・ブランドの中では、Genesis、Tesla、Lexusが、標準希望小売価格でADAS の機能をすべて提供しています。しかしながら、AcuraとVolvoもそれらに引けをとってはおらず、ほとんどのADAS機能を標準で提供し、それ以上の機能に対するアップチャージは最小限に抑えられています。


この費用の内訳を見て驚きましたか?ADAS の価格設定のトレンドに遅れをとっているようなブランドはありますか?ADAS のアップグレードを見送るブランドがある興味深い理由に心当たりはありますか?ご意見をお聞かせください!ご質問は下記までお寄せください。 benjaminmarz@sbdautomotive.com.



サマリー

主なポイント

  • アジアの主流OEMは、ドライバーに低価格で安全機能を提供するという競争で優勢に立っている。

  • 欧米の主流ブランドの中には、ADAS 安全機能を低価格で提供し始めているものもあるが、アジアの競合他社を打ち負かすためには、全体的な価格設定をより積極的に行う必要がある。

  • Acura、Genesis、Lexus、Teslaといった一部のプレミアムブランドは、これらの安全機能を標準装備にすることを推進している。

  • 米国の多くの「トラックおよびSUV」ブランドは、こうした重要な安全機能を、いまだに高額なトリムアップグレードとセットにしている。ADAS の機能によって提供される、ますます一般的になっている現代の安全基準を満たすためだけに、本革シートヒーターを買わなければならないというのは現実的ではない。


付録:ADAS 機能の定義

自動緊急ブレーキ(AEB)

AEBは、車両が衝突の危険を察知した際にドライバーを支援します。車両は直ちに、大きな警告音を伴ってブレーキをかけます。ここでは、一般的な2種類のAEBについて検証します:

  • 歩行者を感知し、衝突前にAEBを作動させるFront Pedestrian(AEB)

  • 衝突前に車両を感知してAEBを作動させるFront Vehicle(AEB)

死角モニタリング(BSM)

死角モニタリングでは、死角に他の車両があることを聴覚/視覚的に警告し、安全でない場合には合流したり右左折したりしないようサポートします。


アダプティブクルーズコントロール(ACC)

ACCは、渋滞中の通勤や週末のドライブでも、後続車に追従しすぎず、速度を維持できるようにします。ドライバーの利便性を高める機能のように思われがちですが、一部のACCモジュールは道路標識認識機能を備えており、誤って速度超過したり、制限速度を超えたりすることがないよう支援します。


クロストラフィックアラート(CTA)

CTAは車の周囲の物体をモニタリングし、動いている物体や止まっている物体に遭遇する前にアラートで警告するようにします。例えば、駐車スペースからバックで出るときや、横断歩道のある交通量の多いエリアで右左折するときは、他の自動車や歩行者と衝突する可能性が高くなります。このような状況で、安全でないことを視聴覚的な合図で示し、人命と車を守ることに寄与します。


車線逸脱防止(LDP)

本記事は、2種類の車線逸脱防止のサブタイプに基づき作成されています:

  • レーンキープアシスト(LKA):レーンキープアシストは、車が車線を逸脱し始めた場合に、車線内に戻すようステアリングを操作する反応型システムです。

  • レーンセンタリング(LC):レーンセンタリングは、車を車線の中央に保つプロアクティブシステムです。

ハイ・ロービーム自動切換え(AHD)

この機能は、外が暗いときに走行中、対向車がある場合にヘッドランプが自動的に暗くなるように設計されています。その目的は、道路の視界を確保すると同時に、対向車のドライバーに幻惑を起こさせないようにすることです。



 


VehiclePlannerPlus のデータを使ってどのようにこの分析を迅速に行ったかについては、下記までお問い合わせください。 benjaminmarz@sbdautomotive.comまでご連絡ください。






コメント


ページ下段