このページの先頭へ

ソフトウェアディファインドビークル を現実にする



このウェビナーでは Andrea SroczynskiSBDドイツのマネージング・ディレクターであるSBDが、第一線の自動車専門家と共に"ソフトウェアディファインドビークル" (SDV)について議論します:


  • マイケル・ヴィンターガーストCARIADドメイン・ビークル&クラウド・プラットフォーム担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント

  • マルコ・ランゼッタKIA クロス・カーライン ジェネラル・マネージャー、コネクテッド・カー、フューチャー・トレンド&イノベーション担当

  • マチュー・ラインネワイヤレスカー事業開発マネージャー

  • Alex OylerSDV Principal atSBD Automotive Japan


パネルディスカッションでは、以下のような質問を取り上げ、皆様からの質問も受け付けます。


  1. OEMは消費者の嗜好の変化をどのように定量化しているのか、またそれがSDVへのアプローチにどのような影響を与えているのか?

  2. 役割・経験の範囲内で、Software-Defined Vehicleを実現するために最も重要な技術は何でしょうか?

  3. Software-Defined Vehicleは、ハードウェアとソフトウェアの両方について、OEMが開発プロセスを大幅に変更することを要求しています。この移行を容易にするためにOEMができることには、どのようなものがあるのでしょうか?

  4. 従来の組織構造は、Software-Defined Vehicle のダイナミックな競争環境には適していません。SDVのニーズに組織を適合させるために、OEMが検討すべき短期的および長期的な取り組みにはどのようなものがあるでしょうか?


小メンタライ


ページ下段