このページの先頭へ

自動車業界の最新動向:2023年第1四半期



自動車業界では日々、さまざまな取り組みや発表がなされています。新規参入企業や従来のOEM各社は次々と新たな製品や戦略を発表し、買収や投資などによって事業を拡大しています。これらは短期間のうちに急速に発表されるため、膨大な量の情報を把握し、それらによる大きな影響を理解することは容易ではありません。


SBDでは過去3ヶ月の自動車業界における主要動向をまとめたレポート「市場最新動向まとめ」を発行しています。本書は、CASES(Connected、Autonomous、Shared、Electric、Secure)領域と、より広範な自動車業界全体での最新ニュースやトレンドの概要を、四半期ごとにお届けするレポートシリーズです。またそうした動向が今後の自動車に与える影響や意味についての洞察を提供します。今回のレポートでは、テックジャイアントの存在感の高まりや、自動車業界向けの専用AIアプリケーションの台頭といったトピックをカバーしています。


本書は自動車関連ニュースおよび発表を包括的にまとめ、簡潔に説明するとともに、それらの今後の業界への潜在的な影響について考察するとともに、CASES領域における主要プレーヤーやトピックを広範に網羅し、各分野のハイライトと分析を提供します。


「主なトレンド」セクションでは、過去3ヶ月間の最も重要なトレンドをまとめます。2023年第1四半期版では、20ページ以上にわたって、これらのトレンドを紹介しています。このセクションでは、各動向の概要を明確かつポイントを絞って解説し、業界のどの分野に影響を与え得るかとその時期を特定します。



トレンドレーダーに示す各トレンドについて紹介し、ニュース記事と関連付けながら、業界における意味合いを紐解いていきます。前四半期のトレンドとしては、GoogleがPolestarやMercedes-Benzと新たなパートナーシップを締結し、EVマップサービスの新機能を発表したことで、自動車関連の足場を固めていることが挙げられます。各四半期のそれぞれのトレンドについて、SBD Automotiveの見解を示すとともに、その直接的かつ潜在的な影響について考察し最適な対策を検証します。また、各トレンドがレーダー上でどのような位置づけにあるのか、CASESのどの領域に影響を及ぼすのか、グローバルではどの市場に影響を及ぼすのか、といった分析を提供します。



モビリティ市場のキープレーヤーに関する情報は「Major Movers」セクションで取り上げます。このセクションでは、当該四半期に様々な業種において業界に影響を与えた組織を紹介しています。各四半期ごとに、トップディスラプター、トップパフォーマー、トップニューカマー、トップイノベーター、トップコミュニケーターを紹介し、これらの取り組みおよびそれらの今後の重要性について解説します。




また最新のトレンドや活動を幅広く紹介するだけでなく、各四半期において、自動車の将来にとって重要な鍵となるホットトピックを深く掘り下げます。今回のレポートでは、Software-Defined Vehicle(SDV)と、それが自動車業界やその先にもたらす潜在的な影響に焦点を当てています。この分野での最近のパートナーシップの動きを紹介しながら、Software-Defined Vehiclesの始まりにつながった車両技術の進化について概説しています。また、主要なビジネスオペレーションの強化やユーザーエクスペリエンス 、ソフトウェア企業全体に新たな機会をもたらすなど、SDVのさまざまな利点と、その到来に備えるためのベストプラクティスについて洞察を提供しています。


「Everything Else」セクションでは、当該四半期に発表されたすべての主要な発表の完全なリストを提供します。業界のニュースサイトやPRページからの情報をもとに、CASES別に分類し、各項目には詳細情報へのダイレクトリンクを付けています。


ここで取り上げているトレンドやトピックは多岐にわたるが、本稿は四半期ごとの総括シリーズでお届けしている内容のごく一部にすぎない。 四半期ごとのまとめ」シリーズで提供される多様な内容の一部に過ぎません。誰でもダウンロードして読むことができる無料レポートとして提供されている各エントリーは、過去3ヶ月間に自動車に影響を与えた最新のアップデート、新技術、注目すべき活動に関するコンサルタントからの深い洞察を提供しています。



業界の最新動向ついてはレポート本編にて解説しています。レポートは下記よりダウンロードいただけます。



コメント


ページ下段