このページの先頭へ

自動車業界における「Virtual Things」の管理




ソフトウェアで自動車を定義するための現実的な課題にどう対処すべきか?

ウェビナー今すぐ見る


ソフトウェアディファインドビークルは物理的なものであっても、管理する必要のある多くの仮想インスタンスに依存しており、競争力のある車両を効果的に市場に投入するには、正しいソフトウェアとツールを選択することが重要です。


SDVの利点は、機能をより早く、車のライフタイムを通じて提供することであり、業界に激震を与えていることは明らかです。今、業界が直面している課題は、そのような利点を効率的に実現するプラットフォーム戦略をどのように構築するかということです。


このウェビナーでは、Alex Oyler 、SBD Automotive 北米担当ディレクター、フランシス・チョウ氏(レッドハット社車載OS・エッジ担当副社長兼GM )が参加する、 アイリーン・デビッドソン(COVESA理事)、 ETASの最高技術責任者であるChristian Uebberとともに、自動車における「バーチャルシングス」の管理方法と、ソフトウェアで自動車を定義する際の現実的な課題への対応について議論します。


ウェビナーでは、3つの質問を取り上げています。

  • なぜ今自動車業界では、管理すべき「Virtual Things」がこれほどまでに増えているのか

  • 新たなコネクテッドカーインフラの開発において、業界が直面する最大の課題とは

  • これらすべての「Virtual Things」を管理するためのコネクテッドカーインフラプラットフォームをどのように提供できるか




コメント


ページ下段