このページの先頭へ

ソフトウェアディファインドビークルによる自動車業界への影響とは



業界全体において、レガシーOEMや新興企業を含め、最新の自動車に高度なソフトウェア統合機能を搭載する自動車メーカーが増加しています。今日このトレンドは、IVI機能の拡張や強化に見られる一方で、自動車メーカーはすでに、ソフトウェアによって車両ライフサイクルの主要分野を同様に充実させる方法を模索しています。

 

このトレンドの集大成が、ソフトウェアディファインドビークル (Software Defined Vehicle: SDV)です。SDVは、多くのユーザーエクスペリエンスから収益を得、複数の機能領域にわたってイノベーションを加速させる新たな機会を業界に提供するものです。SDVは多岐にわたる業界に影響を与えるため、このエキサイティングな新領域に参入しようとする自動車メーカーは、必要な情報を収集しベストプラクティスを分析しておくことが不可欠です。

 

本記事では、SDVに関する最新動向および洞察、またSDVを開発・展開するための最良のアプローチを提供するSBDの最新レポートシリーズを紹介します。2023 年に発行するこれらのレポートでは、SDVが車両開発サイクルの各分野にどのような影響を与えるのかを深く掘り下げるほか、SDVを実現する技術が今後 10 年間でどのように発展するかについて解説します。


SBD Automotiveのソフトウェアディファインドビークル(SDV)レポートシリーズ



ソフトウェアディファインドビークル:EEアーキテクチャガイド

本書は、現在の最新アーキテクチャを評価し、ソフトウェアディファインドビークル(SDV)の実現に向けてプランナーやエンジニアをサポートします。SDVの主要なトレンドや技術に関するインサイト、および車両への最適なユーティリティとコストの継続的な提供を可能にするための提言を提供します。また、付属するExcel版では、リリース毎に数千のデータポイントから最新のデータを提供し、適切な意思決定をサポートします。


 



ソフトウェアディファインドビークル:組織構築と戦略

本書では、ソフトウェアディファインドビークル(SDV)を新車ラインナップに組み込むための戦略を特定します。本書では、主要なプレイヤーがSDV開発に向けてどのように組織体制構築に取り組んでいるかについて解説するとともに、ステークホルダが現在追求している製品、サービス、ビジネスモデルを明らかにします。また、組織的な観点からSDV開発における課題と制約をまとめています。





ソフトウェアディファインドビークルにおけるセキュリティ

本書「ソフトウェアディファインドビークルにおけるセキュリティ」では、SDVをチップからクラウドまで網羅しながら一般的なアーキテクチャの典型的な脅威モデルを提供し、SDV テクノロジースタックの各層における悪質なサイバーセキュリティ攻撃を防止、検出、抑制するためのベストプラクティスを明らかにします。​





ソフトウェアディファインドビークル将来予測 

当社の最新のSDVレポートは、主要なOEMグループが今後10年間でSDVを可能にする技術をどのように展開するかを理解するための予測である。さまざまな地域やセグメントを考慮しながら、隣接するExcel版では、ブランド、国、収益別に分類した分析を提供しています。







SDVレポートシリーズおよび本記事に関するお問合せはSBD Automotive ジャパン(Postbox@sbdautomotive.com)まで。


コメント


ページ下段