このページの先頭へ

パーソナライズされた放送メディアソフトウェアディファインドビークル


クラウド・メディア・ストリーミングが、新車を買う余裕のあるほぼすべての人にとってごく当たり前のものとなった現在でも、放送メディアはドライバーや自動車購入者にとって最も重要な車載オーディオ・サービスであり続けている。しかし、業界が無数のオンライン・メディア・ソースを持つソフトウェアディファインドビークル の時代に近づくにつれ、この100年前のコンセプトの余地はまだあるのだろうか、それとも車載放送ラジオの時代は自然に終わりを迎えたのだろうか?

現場データは、自動車ドライバーはまだラジオを聞いていることを示している。Edison Researchが最近行った調査では、米国の自動車購入者の90%が放送ラジオを標準装備することを期待しており、82%がラジオがない車を購入する可能性は低いと回答しています。オンラインストリーミングサービスよりもカーラジオを頻繁に聴く回答者が多く(23%に対し65%)、主にニュースや情報を得るために聴いている(63%)と回答しています。つまり、車内でのオンラインコンテンツ提供の影響が大きくなっていることに対しても、放送メディアに対する欲求は依然強いということです。


このホワイトペーパーでは、従来の車載放送メディアサービスと未来のソフトウェアディファインドビークル の相関関係を概説している。そうすることで、放送サービスの進化するエコシステムが今日の自動車メーカーにもたらす課題を明らかにしながら、それらが相互にどのような利益をもたらすかを理解している。OEMと放送サービスプロバイダーにとって、このホワイトペーパーは、今日のエコシステムを取り巻く消費者の態度を把握し、無料サービスやプレミアムサービスの提供に関する消費者の視点と期待を評価している。将来を見据えて、放送メディアと新しい自動車技術を活用して、さまざまな興味深く、パーソナライズされたユーザー体験を提供しようとする自動車メーカーにとってのベストプラクティスを定義している。





コメント


ページ下段