このページの先頭へ

CASE対応コンサルタントを見つけるための6つのステップ

多くのOEMやティア1が自問自答していることがありますが、行動に移せるような回答が得られることはほとんどありません。

  • 競合他社の戦略は?

  • どんな新機能を開発すべきか?

  • お客様が本当に求めているものは何なのか?

  • どの破壊的企業を心配すべきなのか?

  • 私たちは、どのような新しいトレンドに対して計画を立て始めるべきなのでしょうか?

  • どうすればサービスを収益化できるか?

  • より使いやすく/より安全に/よりセキュアにするには?


その答えを社内で見つけるのは難しく、かといって社外に目を向けるのも大変です。では、何を探せばいいのでしょうか。


ステップ1:フォーカスを見つける


具体的で、情報に基づいた戦略には、具体的で、情報に基づいたチームが必要です。その分野のエキスパートを探しましょう。問題の解決、戦略の策定、トレンドの把握など、CASE-S(Connected, Autonomous, Shared, Electrified & Secure)に精通したチームからの回答があれば、すべてが容易になります。



ステップ2 - エンド・トゥ・エンド・インハウス


独自のデータ、研究者、アナリスト、方法論を用いて、エンドツーエンドで仕事をする独立したチームを見つけること。そうすれば、そのチームのデータに基づいて結果を得ることができます。多くのコンサルティング会社では、データを購入する必要があり、そのコストは貴社が負担することになります。この情報がどのように作られたかを深く理解しなければ、効果的に分析することは難しいのです。



ステップ3:自分の言葉で話す


エンジニアリングをベースとしながらも、実世界で活動するチームを探してください。どのような問題であっても、製品企画者とエンジニアの間の橋渡しをするための答えが必要です。OEMやティア1の内部で働いた経験を持つ、自動車業界 のCASEエキスパートで構成されたチームを探してください。



ステップ4 - ローカルに...グローバルに


理想は、すべての主要な自動車業界 ホットスポットにオフィスを持つチームを見つけることです。また、独立系を目指しましょう。必要のない製品やソリューションの押し売りをされるのは嫌でしょう。



Step 5 - 実行可能なデータと戦略を要求する


プロジェクトが終了した時点で紙を何枚も用意しても、何の役にも立たないでしょう。要点を押さえ、わかりやすく、実行可能なアドバイスと戦略を求めてください。



最後に...


チームに、あなたの「だから何?」という質問に答えてもらいます。

「OEM Xのサービスは2年以内に市場に投入できるだろう 「だから何? 「つまり、3年後にはカニバリゼーションが始まるでしょう。あなたがすべきことはこうです

これらをすべて行っているCASEコンサルティングチームが見つかったら、ミーティングを申し込んでください。



コメント


ページ下段