このページの先頭へ

OEMブランドは、バーチャルパーソナルアシスタントの猛攻に耐えられるか?

"どうして車の音声コマンドを全部覚えなきゃいけないの?Siri/Google/Alexa/Cortana に聞くだけじゃだめなの?"

SBDがバーチャルパーソナルアシスタント(VPA)の自動車への実装を積極的に追跡し始めたとき、これは消費者が抱く大きな疑問であった。携帯電話やスピーカー、そしてサーモスタットでさえ、シンプルで直感的なコマンドに反応することができるのに、なぜ自動車はそうならないのだろう?

SBDが最近実施した消費者のインフォテインメント・システムに対する意識調査(コネクテッドサービス )では、回答者の20%以上が次の車載インフォテインメント・システムに最も関心のある機能としてVPAを挙げており、「ハイテク対応」を売りにするOEMにとって、消費者の需要に応えることがいかに重要かが浮き彫りになっている。 自動車メーカーにとっては、「音声インターフェイスやコネクテッドサービス のような主要な差別化要因が大手ハイテク企業に侵食されつつある中で、いかにしてブランドイメージ、顧客ロイヤルティ、収益性を維持できるか」が問われている。 OEMが独自のVPAサービスを運営した場合、コンシューマー向けVPAの後塵を拝することになるのでしょうか。OEMが消費者向けVPAの利用を拒否した場合、すでにVPAを利用しているブランドに顧客を奪われることになるのか。 多くのOEMにとって、既存のスマートフォンのリモートアクセスやコントロールでVPAを有効にすることは簡単なステップであり、技術ブランドのVPAを自動車に直接統合することは行き過ぎたステップのように感じられる。 調査によると、米国では車載VPA機能のほとんどがテックブランドであるのに対し、中国ではOEMブランドが主流である。興味深いことに、欧州は両方に注力しており、OEMにやや傾いている。

ホワイトレーベルのシステムは、大手の技術サービスに匹敵することができるのでしょうか?


大手テクノロジー・サービスが毎秒処理している膨大な量の会話データやインテント・データを考えると、HoundifyやNuance、Watsonは、Google AssistantやAlexaの機能性、コンテンツ、コアAIに太刀打ちできるのだろうか?対抗することは重要なのだろうか?効率的で、楽しく、効果的なVPAは、あなたが必要とするサービスに接続する場合にのみ、きっと意味がある。他のコンシューマー・エレクトロニクスの世界と同様、最高の機能やサービスを持つことは、最も人気のあるものにアクセスできることほど重要ではないかもしれない。そのため、優れたホワイトラベルVPAインターフェースを実装しても、メッセージング、音楽、カレンダーなどのユーザーのクラウド・サービスや他のデバイスに接続できない場合、OEMは開発コストに見合った消費者価値を提供するのに苦労することになるかもしれない。 では、自動車メーカーはこの不可能とも思えるバランス感覚にどのように取り組んでいるのだろうか。SBDはここ数年、いくつかのOEMやそのサプライヤーと協力し、全体的な技術目標に適した戦略を見出すための支援を行ってきた:

  • VPAエクスペリエンスをコントロール ホワイトラベルのプロバイダー経由で最も人気のあるアプリやサービスに接続します。

  • インターフェースとブランディングの戦いは他でやれ。車載インターフェイスを車両にブランディングするプラットフォームを使用し、外部との接続は大手ハイテクVPAに任せる。

  • 消費者の愛情をターゲットにする主要な技術系VPAを有効にし、どのVPAを使用するかは消費者が決定できるようにする。このような企業は、アバターや音声以外のインターフェイスコンポーネントが会話をシームレスにサポートすることで、全体的なエクスペリエンスを所有することでブランドの優位性を押し出すことを目指すかもしれない。

「VPAが自社のコネクテッド・サービス・インターフェイス全体をどのようにサポートするのがベストなのかを明確に理解しているOEMこそ、VPAを活用して自社のブランド・ポジショニングを維持・強化できる可能性が高いのです。 のシニア・コネクテッド・カー・スペシャリスト、カート・ダスターホフ氏は言う。SBD Automotive.「明確さを欠く企業は、おそらく高価な技術を導入することになり、最終的に消費者に拒否されるブランドになる可能性がある。

コメント


ページ下段