このページの先頭へ

自動車業界の最新動向:2023年第2四半期





自動車業界において、第2四半期末はしばしば、OEM、サプライヤー、スタートアップといった企業がこれまでの成果を振り返るとともに、下半期以降の計画実行に備える機会となります。


2023年第2四半期だけでも、AIやソフトウェアディファインドビークル (SDV)といった新分野の動きや、車両の自律性やコネクティビティといった従来からの技術の進歩など、数十の新たなイノベーションがすでに自動車の未来の礎を築いている。しかし、こうした動きの多さや発表のペースは、こうした動きを把握するだけでなく、今後の業界への影響を真に見極め、評価し、認識することを困難にしている。当四半期の最も注目すべき活動や発表について、明確で、根拠があり、誇大広告を排除した見解を通じて、当社の無料の 四半期総括レポート2023年第2四半期の四半期総括レポートは、業界専門家による洞察に満ちた解説とともに、トレンドを厳選してお届けします。


本書では、四半期のトップトレンドを分類し、自動車業界にどのような影響を与えるかを検証します。例えば、今回見られた主な技術動向の一つには、ChatGPT(OpenAIによって開発されたAIチャットボット)の車両への導入やその利点を通じた、業界におけるAIの探求があります。



ChatGPTは自動車業界だけでなく、様々な業界に影響を与えており、主要な業界関係者は現在、ChatGPTの言語認識と生成機能がどのようにバーチャルパーソナルアシスタント(VPA)を強化できるかについて調査しています。特にVPAの統合をターゲットとする場合、自動車メーカーはChatGPTの大規模な言語モデルを活用し、より自然な会話の機会を可能にすることに注目するでしょう。Mercedes-Benzは、OpenAIの主要投資家であるMicrosoftと提携し、同社独自のインフォテインメントシステムであるMBUXにChatGPTを統合する計画をすでに発表しています。GMも同様に、まだ公式発表はしていないものの、同社の車両にチャットボットを追加することに興味を示しています。アメリカのカーシェアリング会社であるTuroは、同社の主要なサービスに関する消費者とのやり取りをサポートし、強化する独自のサードパーティ製ChatGPTプラグインを開発しています。こうした動向に加え、本書ではChatGPTのようなAIプラットフォームが、開発・生産段階から車載サービスの設計・実装に至るまで、より広範な車両ライフサイクルにどのようなメリットをもたらすか、また消費者にとっての様々なメリットについて深く掘り下げています。


今回見られたより直接的な影響をもたらすであろうもうひとつのトレンドは、さまざまな地域の政府がより高い自動運転レベルの承認していることです。これは、SAEレベル2(L2)およびレベル3(L3)に相当する一部のシステムの作動を許可するもので、システム自体は依然として特定の規則や要件の対象となります。例えば、BMWはドイツ当局から、L2の半自動運転支援システムを、分断されたアウトバーンでのみ、5シリーズと電気自動車i5に限定して、最高時速130km(約80マイル)で運転する許可を得ています。より広範には、Mercedes-Benzは、カリフォルニア州当局からL3の条件付き自動運転技術であるDrive Pilotを作動させる認可を取得しています。これによりカリフォルニア州は、第1四半期のネバダ州に続き、米国で2番目に承認を受けた州となりました。同様の動きは中国でも見られ、国内OEMのXpengが北京で半自動運転技術の認可を取得しました。特に世界各地でこうした承認が相次いでいることは、結局のところ、自動運転機能や自動運転車全体に対する政府当局や組織のアプローチの変化を示しています。


四半期総括では、このトレンドをさらに掘り下げ、自律走行車導入の進展について、トレンドの影響を受けている地域と世界的な動向について考察している。また、当社の専門家が取り上げたその他の第2四半期のトレンドについては、当社のレポートカタログから隣接する調査レポートを抜粋し、さらなる洞察を提供しています。 L4オートノミー予測本レポートでは、自律走行システムの典型的な展開図を示した後、規制が各地域の展開にどのような影響を及ぼしているかを分類している。


これらのトレンドは、自動車メーカーが自動車を開発・生産する方法や、顧客が自動車とどのように接するかを大きく変えるものである。しかし、この記事で詳述した例は、当社の専門家が「四半期総括レポート」で取り上げ、分析したいくつかの重要なトレンドのうちの2つに過ぎない。 四半期総括レポート2023年第2四半期版)にて専門家が分析したものである。


本レポートは、どなたでも無料でダウンロードしてお読みいただけます、本レポートでは、CASES(Connected、Autonomous、Shared、Electric、Secure)の全領域にわたる最新トレンドを深く掘り下げ、この四半期に真にインパクトのある活動を通じて自動車業界 を破壊したプレーヤー、企業、組織を取り上げ、CASESの各領域に分類した過去3ヶ月間の関連ニュース記事の全リストを提供しています。



業界の最新動向ついてはレポート本編にて解説しています。レポートは下記よりダウンロードいただけます。



コメンタリオス


ページ下段