このページの先頭へ

EVに対する消費者意識を探る: SBD Automotiveの専門家Robert Fisherによるポッドキャスト


厳しい排ガス規制や消費者の需要の高まりを受けて、電気自動車を導入する自動車メーカーが増え、電気自動車は今や主流へ躍りだそうとしています。しかしながらEVの人気の高まりに伴い、EVを展開するOEMは、現在および将来にわたってEVの採用を促進するために、優れたユーザー体験を確実に提供しなければなりません。


当社のEV担当ドメイン・プリンシパルであるロバート・フィッシャーはこのほど、Automotive Newsが配信するモビリティに特化したポッドキャスト「Shift」に出演し、当社の調査レポート「EVジャーニーの最適化」の一環として実施した自動車消費者調査の結果に基づき、こうした体験について各地域の消費者がどのように感じているか、さまざまな角度から議論した。 Optimizing the EV Journey(EVの旅の最適化)」調査レポートの一環として実施した自動車消費者調査の結果をもとに、地域によって消費者が感じるさまざまな違いについて語った。


ポッドキャストでRobertは、欧州、中国、米国を含む主要地域におけるEVの所有体験に対する消費者の考えや、今回の調査で最も驚いた点について紹介しています。Robertが最も驚いた点のひとつは、「ほとんどの回答者が、充電インフラは実際に十分、あるいは満足のいくものだと考えていることです。つまり、メディアが充電インフラに少しバイアスをかけている可能性がある、あるいは、人々は単に自分たちの税金が、米国のNEVI資金援助プログラムや他のいくつかのプログラムを通じて、充電設備の導入や配備に使われていると見ている可能性もあるということです」。


ポッドキャストの司会者であるAutomotive News社の技術・イノベーション担当記者Molly Boigon氏とともに、Robertは調査結果と、それが消費者やOEMに与えるより広範な影響についてさらに議論しています。米国および中国におけるこれまでのEVの進化や、購入を決定する消費者にとっての環境の重要性により、それぞれの消費者のニーズに違いが見られることなどについても言及しています。





 

EVの購入決定から使用終了まで、ライフサイクルの各段階における消費者の態度の全容を調査したいとお考えですか?当社の EVユーザー・ジャーニーの最適化」レポートをご覧ください!



コメンタリオス


ページ下段