このページの先頭へ

eVTOLの成長のカギは自動車メーカーが握る?





Xpengの関連会社であるAeroHTは、ドバイで「X2」電動垂直離着陸機(eVTOL)の初公開飛行を行いました。また、サウジアラビアでは、都市部での使用を目的としたeVTOLの最初の大規模な発注を発表しています。

空飛ぶクルマというコンセプトは、何十年もの間人々の想像力をかき立ててきましたが、

eVTOLがプロトタイプから主流のモビリティサービスに拡大するには、何十年という単位の時間を要するかもしれません。

ただしレースはすでに始まっており、自動車メーカーは想定よりも大きな役割を担うことになる可能性があります。


本記事では、eVTOLの展開に向けた進捗状況を分析するとともに、自動車メーカーがどのように電動化への投資を活用してeVTOLメーカーのスケールアップを支援できるのかを検証します。


同分野における動向

さまざまな自動車メーカーが、将来の収益につながる新たな多様化の機会としてeVTOLを検討しています。こうした企業の意図は、マルチモーダルなモビリティエコシステムにおける存在感を高めることです。

  • に基づく 垂直飛行協会VTOLには700以上のコンセプトがあり、350近い企業のデザインがカタログ化されている。

  • これらの企業の中には、次のような他業界の老舗企業から実質的な支援を受けている企業もある。 Xpeng(HTエアロ)、 GM(リリウム)、エアバス(シティ・エアバス)などである。

  • Xpengと 現代自動車は、この分野で最も先進的な自動車メーカーのひとつであり、eVTOLのプロトタイプを開発しテストするための専門知識と能力を社内で構築している。

  • 最終的には、自動車業界による電動化への多額の投資が、eVTOL市場での優位性獲得につながる可能性があります。

なぜ、それが重要なのか?

自動車メーカーは、電動化への投資を活用して、新たなeVTOL市場での戦略的優位性を獲得する機会を得ています。

  • これまでのところ、eVTOLレースの初期段階はスタートアップ 。 ベロコプターそして ジョビー.

  • これらの企業は、車両設計の最適化、規制当局の認可の取得、商業的な応用の模索をリードしてきました。

  • 初の具体的なeVTOL 最初の具体的なeVTOL契約が締結され、これらのスタートアップ は生産を増強し始める必要があるが、ほとんどの場合、電気バッテリーを調達するための成熟したサプライチェーンをまだ持っていない。

BEVの展開を急ぐ自動車メーカーは、電池の開発に必要な原材料を確保するために多額の投資を行っているためです。


今後の展望

eVTOLがグローバルな交通手段の主流となるためには数十年の歳月を要すると見られるものの、その道のりはすでに始まっています。

  • Rolls Royceによると、2030年までに稼働するVTOLはわずか7,000機で、1機あたりの収益は約30万ドルと見込まれます。2040年までには、グローバルで50,000機が運用されると予想されています。

  • この緩やかな成長の背景には、認可を取得するという規制上の課題と、物理的なインフラ(港湾や航空交通管理)を整備するという商業上の課題があります。

  • eVTOLsの市場規模をさらに拡大し、成長させるための重要なイネーブラーは、バッテリー技術です。たとえ航続距離がBEVと同等であっても、eVTOLsは重量と安全性/冗長性の要件により、200kWh以上の容量が必要となると見られます。



  1. eVTOLの規制枠組みはほとんどの市場でまだ初期段階であり、企業が認可を得てサービスを開始するのは困難

  2. すでに早期受注は開始されており、他の都市でも順次それに続くと見られるが、当初は限定的な数量となる見込み

  3. 今後5~10年の間に、技術スタックのさまざまな部分がさらに改善されれば、スケールアップがより現実的になると見られる

  4. 現地での認可取得やインフラのパートナーシップ構築には時間を要するため、都市ごとでの段階的なリリースシナリオが想定される。都市による自家用車の所有制限により、導入が加速する可能性がある。

  5. eVTOLのビジョンである、世界各国の都市で(あるいは都市間で)利用可能な完全に統合されたマルチモーダル体験は、2050年以前には実現しない可能性が高い。



注目すべきは?

事業者にとってのビジネス機会が限定的で短期的であるにもかかわらず、eVTOLのエコシステムはすでに混雑の様相を呈しています。

  • eVTOLの製造とプロトタイピングは資本集約的なベンチャーです。都市部のエアモビリティ競争においてはマイルストーンごとにコストがかかるため、現在試験運用している企業は投資家から多額の資金を調達する必要があります。

  • SBDでは、資本調達の圧力とVTOLの商業化には時間を要するという認識から、M&Aや撤退が活発化すると見ています。

  • これは、より長期的な展望と十分な資金を有する企業にとってはチャンスとなるでしょう。

  • 下記で紹介するのは、長期的な成功への道を歩んでいる可能性が高いプレーヤーであり、パートナーシップや契約の締結、サブセクターの拡大、技術的なブレークスルーをモニタリングするに値するプレーヤーです。


とるべき対応

Monitor

eVTOL分野が短期間で大規模な発展を遂げる可能性は無いと見られます。しかしながら、主要なプレーヤーとその進捗状況をモニタリングすることで、今後10年以内にビジネスチャンスが訪れるのか、あるいはリソースを他の分野に投入するほうが有効なのかを判断することが可能です。

Partner

eVTOLサービスの立ち上げには長い時間を要すると同時に複雑さが伴うため、エコシステム全体でのパートナーシップ締結に高いニーズがあります。自動車メーカーやTier 1サプライヤーにとってパートナーシップ締結は自然な最初のステップと言えます。

調整

eVTOLsが自動車業界のプレーヤーにとって戦略的優先事項となった場合、航空分野の追加要件に対応するために既存のモビリティ戦略を調整する必要があります。(例: BEVには不要なバッテリー容量の追加への投資など)



詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotive ではカスタムプロジェクトを通じ、クライアントが直面する課題や機会への対応をサポートしています。SBD Automotive のコンサルティングサービスの詳細については下記にてご紹介しています。


 

関連コンテンツ:








 

コメンタリオス


ページ下段