このページの先頭へ

コネクテッドカーとネットワークエッジの調整





ウェビナー 開催中

今日のインターネットは、明日のコネクテッドカーにはまだ対応できていません。将来の自動車用ワークロードは、ネットワークエッジにおけるパフォーマンスの限界を押し広げ、その限界に達する可能性があります。車両データ管理と通信ネットワークの両方のインフラ計画を大幅に変更し、両者を連携させなければ、自動車業界は2030年までにインターネットを破壊してしまいかねません。



このウェビナーでは カート・ダスターホフSBD Automotive 、AECC理事会メンバーの ロジャー・バーグデンソーの クリスター・ボバーグEricssonのChrister Bobergとともに、コネクティビティと自動車業界 の専門家のコラボレーションがどのように取り組まれているかについての重要な質問にお答えします:

  • ネットワークの需要を平準化するために、ワークロードやデータ転送にどのように優先順位をつけ、分散させればよいのか

  • コネクテッドカーのサービスアーキテクトは、各国/グローバルでのスケーラビリティを確保するために、どのようなステップを考慮する必要があるのか

  • 将来のグローバルなデータリッチサービス実現のためには、データ容量のピンチポイントを解決する以上のことが必要なのか




コメント


ページ下段