このページの先頭へ

ヘルスケア、ウェルビーイング、V2G技術は、自動車業界にどのような影響を与えるのか?

ヘルスケア、ウェルビーイング、V2G技術は、自動車業界にどのような影響を与えるのか?

自動車業界において提供される技術の範囲や幅は、複数の領域にわたって拡大し続けており、その最新のイノベーションと、それらが自動車の未来に与える潜在的な影響を把握することが、将来の成功を確保するための鍵となります。

 

SBD Automotiveでは、自動車業界においてすでに重要な話題となっている自動車向けヘルスケアおよびウェルビーイング技術、双方向充電といった自動車技術を取り上げた新たなレポートを発行する予定です。これらのレポートでは、こうした革新的な新たなソリューションが業界にどのような影響を及ぼしているのか、また、これらのソリューションの発展に伴い、どのような影響がもたらされるのかを明らかにします。

 

今回のインサイトでは、「自動車業界におけるヘルスケア&ウェルビーイング」と「V2G:双方向のEVエネルギーマネジメント技術」の2つのレポートについて、その内容を概説するとともに、各レポートの主な利点を紹介、レポート執筆者が最も重要なポイントについて解説します。


自動車業界におけるヘルスケアとウェルビーイング

COVID-19の大流行後、消費者にとってヘルスケアやウェルビーイングは優先順位の高い事項になっています。ヘルスケアとウェルビーイングをめぐる消費者の懸念が購買行動に影響を及ぼす可能性があるため、OEMはポスト・パンデミック市場に向けた車両ラインナップとコネクテッドサービスの準備を強化する必要があります。このため、自動車向けのヘルスケアおよびウェルビーイング技術市場、現在の消費者がそれらをどのように受け止めているかを理解することは、急速に発展しているこのエコシステム/ランドスケープへの参入を検討している自動車メーカー、サプライヤー、開発者にとって重要な鍵となります。

 

SBDの2021年版「自動車におけるヘルスケアとウェルビーイング」レポートに続く2024年版の本レポートでは、定量的な消費者調査から自動車のヘルスケアおよびウェルビーイング技術の現状および消費者の嗜好と購入傾向について明らかにします。2024年版では、5つの主要市場において600人の消費者から得た新たなデータを通じ、包括的な消費者インサイトを提供するとともに、これらの市場間における消費者の嗜好の違いについて解説します。

 

また、現在市場で入手可能な主な技術やシステムについて評価・分析するとともに、ヘルスケアおよびウェルビーイングソリューション全体の成熟度や期待される展開に焦点を当てた最新のロードマップを提供します。


「本書の市場分析と消費者の関心に関するセクションでは、世界の自動車市場におけるヘルスケアおよびウェルビーイングに対する消費者心理を理解し、それらを望む消費者向けに機能を調整するために役立ちます。また、2021年から2023年までの消費者心理の動向分析に基づき、世界的なパンデミック中およびとその後の自動車向けヘルスケアおよびウェルビーイングの重要性について解説しています。」David Ball、SBD Automotive コンサルティングスペシャリスト、レポート執筆者


V2G:双方向のEVエネルギーマネジメント技術

消費者の間でのEV人気の高まりを受け、OEMはEVの中核機能を強化または拡張するために、先進的な機能を最新モデルに組み込むようになっています。そうしたイノベーションの最たるものが双方向充電であり、EEVバッテリーから外部への配電が可能となり、大型電化製品、他のEV、家庭、建物、電力会社を通じたグリッドへの供給、さらに幅広いエネルギー供給者への対応が実現します。双方向充電技術が勢いを増し、新たなトレンドとなるのに伴い、双方向充電の全容とエネルギー管理ソリューションのエコシステムを理解することが、EVイノベーションの新たな機会を引き出す重要な鍵となります。

 

本書は、双方向充電の様々な可能性と課題について解説します。V2Gおよび家庭用エネルギー管理システム(HEM)の分野における現在および今後のOEM製品についてマッピングするとともに、

様々な市場における主要な双方向充電の標準規格を紹介し、その展望について解説します。今日の双方向充電の試験運用と最新の商業的発表を深く掘り下げることで、この展開の背景を明らかにするとともに、新しい体験と価値交換を可能にするこれらの取り組みとその競争上の意味合いについて考察します。

 

本書の対象範囲には、OEMが独自のV2Xソリューションを設計する際に考慮すべき技術的課題や、双方向充電のバリューチェーンで直接的な役割を果たす機会を特定することも含まれます。また、車両充電規格と互換性の変化が、よりシームレスな双方向充電体験をどのように提供するのか、また、技術そのものが仮想発電所の開発をどのようにサポートし、新たな異業種間でのコラボレーションをどのように促進するのかについても考察します。


「双方向充電技術は何十年もの間、その黎明期にあり、自動車メーカーの大半が少なくとも1つのパイロットプロジェクトに携わっています。V2Gの利点は約束されたものであるにもかかわらず、複数の業界が関連規格について足並みをそろえる必要があるなど、いくつかの重要なハードルがあるため、その利点が有意義な形で大量市場に実現されるには至っていません。。一方、V1G(時間帯別充電)やV2H(Vehicle-to-Home)といった他の技術は、V2Gよりもシンプルで安価に導入でき、系統需要のピークを減らし、消費者の光熱費を下げるといった大きなメリットを提供しています。これらの技術を協調的かつ効率的に開発・展開するためには、ほとんどの地域で政府の支援が必要になるでしょう。SBDが発行した本書では、双方向充電エコシステムの主要プレーヤーと重要な側面を分析し、クライアントがどこに重点を置いて取り組むべきかの意思決定をサポートします。"- SBD Automotive EVドメイン・プリンシパル、Robert Fisher


次のステップ

本記事やレポート執筆者が述べているように、上記でご紹介したレポートはそれぞれ、新たにトレンドとなりつつある自動車技術に関する重要な資料として、その進化および普及について最新の情報を提供しています。これらのレポートを組み合わせて活用いただくことで、テクノロジーとEV戦略の将来を見据えた、包括的な知見を得ることが可能です。

 

本記事でご紹介したレポート「自動車業界におけるヘルスケア&ウェルビーイング」および「V2G:双方向のEVエネルギーマネジメント技術」に関する詳細やお問い合わせは下記をクリックしてください。














 


新刊レポートの発行案内や、無料ウィークリーニュースメール「SBDニュースハイライト」、SBDが開催・登壇するイベント/ウェビナーについての告知、ホワイトペーパー/インサイトをお届けするSBDの無料情報配信サービスにぜひご登録ください。



コメント


ページ下段