このページの先頭へ

ポストパンデミックな世界におけるUXテスト


車載テストを多く行っている私にとって、この1年半の間にパンデミックは大きな影響を及ぼしました。最初のロックダウンの際には、車内でのUXテストは全くできませんでした。SBDの他の社員は毎日、毎週、毎月と、自分に合った方法でオフィスに復帰していますが、私は当初困難ではあったものの、日々の仕事ではホームオフィスを好むようになりました。しかし、もちろん、テストとなると、ほとんどの場合、一人で実施することは不可能です。


リスクアセスメントを行い、車内の清掃・消毒を徹底し、マスクの着用や手洗いを徹底するなど、簡単なことではありませんでした。さらに、ソフトウェアの問題ですでに遅れていたクルマが、世界的なシャットダウンでさらに遅れてしまったのです。


世界的なパンデミックに対応するグローバルチームであり、他の国でも地域ごとにロックダウンが発生しているため(同時ではないことが多い)、ビデオ回線を使って遠隔でテストを支援する方法を開発し、同僚を迅速にトレーニングして支援する必要があったのです。幸いなことに、私たちのテスト方法はこのことを念頭に置いて開発されており、他の方法よりもはるかに簡単に物事を進めることができました。


2021年は通常の状態に近いと思いますが、深刻なバグのあるクルマを扱うこともあり、場合によってはチップ不足のため、あるいはバグが1台のクルマにとどまらないようにするために、複数のクルマを複数の場所で雇って、すべての装備レベルをカバーしながら、テストの限界に挑戦しなければならなかったのです。


忙しかった。今月は、テスラの新型モデルSに関するレポートを発表した。 https://lnkd.in/eKsUNJHh.2週間前には英国でヒュンダイIONIQ 5のテストを終え、先週は東京と名古屋で新型レクサスLSのテストを終えた。複数のビデオ、1日2回の電話、そして時差の関係で日本の同僚に何度も夜遅くまで手伝ってもらいながら、これを達成した。UXのエキスパートが5つのタイムゾーン、4つの国、3つの大陸、あるいは2つの半球(数え方による)にまたがっているため、1台のクルマに乗り込んで遠隔操作でテストを行うのは複雑なことですが、その分、私たちは経験の集合体を手にしているのです。


来週は、1年半ぶりにヨーロッパのクライアントを訪問する予定です。この1年半の間に、少しずつ正常な状態に戻りつつあるような気がしています。この1年半は、まさに「試練の1年」であった。良い準備と柔軟性、そして仕事の仕方や場所を選ぶこと、さらに多くの異なるテクノロジーを組み合わせることで、逆境に立ち向かうことができた。






アダム・ジェファーソン UXスペシャリスト SBD Automotive


コメント


ページ下段