このページの先頭へ

ドライバーモニタリングが次世代に不可欠な理由自動運転車

子供の頃、とても簡単なルールのゲームがあった。明らかに白昼夢を見ている人に何かを投げて、「早く考えて」と叫ぶ。 この言葉を聞いたとき、おそらくすでに何かがあなたのほうに投げられていたのだろう。現実に急降下し、パニックに陥る。周囲の状況を把握し、人々があなたを見つめているのを確認する。うまくいけば- うまくいけばキャッチできる。

最先端のゲームではないが、対象が速すぎたり重すぎたりしなければ、ほとんど無害である。残念なことに、私たちが白昼夢を見ている間に自律走行車が「速く考えて」と言うようになり、私たちがドライバーの役割に逆戻りする時代が急速に近づいている。さらに残念なことに、このシナリオに登場する物体は非常に速い。とても重い。 自動車メーカーは新たな段階に入った。より高度な自動化を実現するためには、人間と機械が互いを意識する必要がある。少なくとも今後10年間は、自動操縦システムは多くの状況で人間のドライバーに制御を委ねることになるだろう。期待される安全レベルを実現するためには、この移行を強固にサポートする技術が不可欠であり、ドライバー・モニタリングはそれを実現するための重要なソリューションである。シンク・ファスト・ゲームが、対象者が何かをキャッチする準備ができていないことを認識することに依存しているのに対し、自律走行システムの未来は、ドライバーが制御する準備ができていることを車両が認識できるかどうかにかかっている。

ドライバーモニタリングの要求事項の変化

ドライバー・モニタリング・システムは、ドライバーの現在の覚醒度を認識し、眠気のレベルが安全運転の能力を損なう可能性がある場合に警告を発することで、手動運転車をサポートする。自律走行車の場合、ドライバー・モニタリング・システムは予測的要素も組み込まなければならない。 運転中の人の状態を監視するのは比較的簡単だ。その人の位置、頭、視線、目、手などの相対的な位置はほぼ一定だからだ。しかし、自動車が自律的に運転されているときの「ドライバー」の状態を監視するのは、はるかに難しい。ドライバーの体勢ははるかに予測しにくいからだ。 将来のドライバー・モニタリング・システムの役割は SAEレベル2システムがより一般的になるにつれてシステムが必要とするのは、ドライバーが車両を制御している間、注意を怠らず、注意を払っていることを確認し、自動運転システムが正しく使用されていることを「取り締まり」、制御していないときにドライバーが注意を怠らず、交通状況を監視していることをチェックすることである。


SAEレベル3以降

ドライバー・モニタリング・システムの役割は、SAEレベル3以上になると、より難しくなる。システムはSAEレベル2に基づくすべてのタスクを実行する必要があります、 そして ドライバーの「再係合準備」を予測し、ドライバーが行っていたビジネスやレクリエーションのタスクを停止して、車両の制御を取り戻す。

ドライバー・モニタリングは、車内外の状況を継続的に把握し、リアルタイムで取るべき行動を決定する必要があるため、この役割はおそらく最大の難関である。いったんマシンが作動して走行すると、ドライバー・モニタリングの重要な役割は、ドライバーが警告時間内に制御を取り戻す準備ができていること、そしてそれが可能であることを確認することである。この時間は、車速、交通状況、道路の種類、天候など複数の要因によって絶えず変化する。 効果的であるためには、システムはドライバーの状態も理解する必要がある。人にはそれぞれ、最適なパフォーマンスを発揮できる最適ストレスレベルがある。つまり、各人にとっての最適な反応ポイントは、タスクの負荷の関数であり、多すぎればフリーズし、少なすぎればリラックスして眠くなる。 システムには、ドライバーのストレス(および/または認知作業負荷)を推測し、この情報を使ってテイクオーバー警告の間隔を調整するという、ほとんど不可能なタスクがある。このタスクは非常に困難で、鉄道や航空業界でさえまだ解決していない。これは新しい領域だが、人間のドライバーにデフォルトで戻る必要がある自動運転システムのための堅牢なソリューションには不可欠な部分である。


OEMはどう対応すべきか?

SAEレベル2車両の普及が進むにつれて、効果的なドライバー・モニタリングの必要性が高まっている。最近、テスラ・モデルSの「ドライバー」が高速道路を走行中に居眠りをしていた。通りかかったパトカーの警官がそれに気づき、彼を起こすことができたが(免許証も没収された)、監視のない状態で運転されていることを車両が知ることはなかった。 「ドライバーの監視はまだ法的要件ではないが、より安全なレベル2への鍵である。レベル3では、不可欠です と、 のシニア自律走行技術コンサルタント、ディーパ・ランガラジャンは言う。SBD Automotiveのディーパ・ランガラジャンは言う。「より大規模な研究が完了するまでは、OEMは非常に注意深く、ドライバー・モニタリングのような技術で自律走行システムの動作範囲を制限し、適切な状況で使用されるようにする必要があります」。

ページ下段