このページの先頭へ

運転体験の革新:自動車業界におけるコネクテッドサービス、インテリジェントコックピット、デジタルキーの影響

ヘルスケアとウェルビーイング、V2G:双方向のEVエネルギーマネジメント技術は、自動車業界にどのような影響を与えるのか?

消費者の生活のデジタル化が進むのに伴い、多くのOEMが、エンドユーザーのエクスペリエンスをサポートし、強化するために設計された、さまざまな革新的サービスや技術を備えたデジタルエコシステムの開発に着手しています。同時に、こうしたエコシステムの継続的な発展は、自動車デジタルサービスの新たな形の創出を促しています。OEMがこれらを標準装備として提供し始めている中、これらのデジタルファーストソリューションの範囲と、それらによりもたらされる新たな機会と収益の流れの可能性を理解することで、将来の収益性を確保し、コネクティビティ戦略を大幅に強化することが可能となります。

 

SBD Automotiveでは近日、「コネクテッドカーおよびデジタルサービス総合ガイド」、「デジタルコックピット&インフォテイメントガイド」、「デジタルキーガイド」の3つのレポートを発行予定です。これらのレポートでは、主要地域のOEMが提供するさまざまなコネクテッドシステム、サービス、テクノロジーを紹介するとともに、これらのシステムを深堀分析し、業界の専門家による徹底的な洞察により、各地域でそれらがどのように進化してきたか、また世界規模でどのような将来性があるかを検証します。

 

本記事では、各レポートの概要や主な利点について詳しくご説明します。また各レポートのサンプルページを通じて、開発者、OEM、サプライヤーなどに役立つ情報をご紹介します。


コネクテッドカーおよびデジタルサービス総合ガイド

世界各国において多くの自動車メーカーが提供するコネクテッドカーサービスは、自動車のリースや購入、メンテナンスや修理に至るまで、自動車のライフサイクルをサポートするものです。しかし、こうしたサービスを取り巻く環境が拡大するにつれ、誤った戦略を実行したり、競合他社のサービスに遅れをとったりするリスクも高まっています。

 

SBDの「コネクテッドカーおよびデジタルサービス総合ガイド」は、1回のリリースごとに10万以上のデータポイントで構成され、この広大なエコシステムの概要を包括的に提供しています。OEMが自社のコネクテッドサービス を実現するために用いている戦略に焦点を当て、主要プレーヤー、ビジネスモデルなどに関する洞察を提供しています。本書では、最も競争力のあるコネクテッドサービスを提供しているOEMを特定するとともに、OEM各社がコネクテッド機能をどのように価格設定し、車両ラインアップ全体に装備しているかを比較、コネクテッドカーエコシステムに不可欠なサプライヤーのプロファイルを提供しています。




本書は、米国、欧州、中国を対象とし、こうしたサービスの急速な発展状況を継続的に調査、半年毎に更新版を発行しています。2024年版では、FaaS(features-as-a-service)、ビデオストリーミング、車載ゲームなどのデジタルサービスの項目を新たに追加し、コネクティビティから生まれる最新かつ最もエキサイティングなイノベーションの分析に対象範囲を拡大しています。


デジタルコクピット&インフォテイメントガイド

今日、世界中のOEMが、よりインテリジェントなインフォテインメントソリューションに加え、ますます多くのADASや自動運転機能を搭載しています。これらの技術革新は、全体的なユーザー体験を向上させるもので、多くの場合コックピットに搭載されています。コックピットは、一部のOEMでは第3の居住空間とみなされており、ますます多くのアクティビティが車両に統合されています。これらの機能がより一般的になるのに伴い、OEMがさまざまな地域でさまざまなトリムレベルにわたって提供している幅広いソリューションを追跡し、エコシステムの進化を理解することは困難になっています。

 

本書では、コックピットのエコシステムを包括的に深掘りするとともに、複数の地域においてプレミアムOEMおよび量販OEMが提供するソリューションと構成に焦点を当て、最も先進的なコックピットを提供しているOEMを明らかにします。またコックピットシステムの提供状況、装備、価格について詳述するとともに、業界における界主要なパートナーシップについて解説しています。本書は、ビジネスの観点からこれらの技術に関する洞察を提供するほか、それらを可能にする戦略やコックピットエコシステムから生まれる最新のパートナーシップについても紹介します。




 

本書は、米国、欧州、中国を対象に隔年で更新し、グローバルな開発動向や製品リリースに対応します。これらの各地域について、本書はリリースごとに100,000以上のデータポイントで構成され、合計数百におよぶ個々のコックピット構成をプロファイリング、触覚フィードバック、デジタルバックミラー、ワイヤレス充電などのトレンド機能に関するクエリを含みます。


デジタルキーガイド

近年、スマートフォンに対応した自動車体験が増えていますが、その代表的なものがデジタルキーです。無線通信技術を利用したこの機能は、ユーザーのスマートフォンで車のロック、アンロック、エンジンスタートを可能にするものです。

 

デジタルキーはプレミアムな機能として広く認識されていますが、近い将来、デジタルキー(特にスマートフォンを利用したもの)はますます一般的なものになるでしょう。同時に、ネイティブな統合や業界にまたがるパートナシップにより、この技術へのアクセシビリティが高まることで、デジタルキーが従来のキーフォブに取って代わる可能性もあります。

 

本書は、米国、欧州、中国におけるデジタルキーシステムの最新動向とOEMの提供状況を追跡し、成長を続けるデジタルキーシステムのハイライトを毎年更新してお届けします。各システムについて、その主な特徴や価格モデルを明らかにするとともに、製造に使用されている技術についても詳説しています。本書では、各システムの利便性とセキュリティに焦点を当てながら、長所と短所をより詳細に評価し、独自のOEM実装とアフターマーケットソリューションを比較しています。





「712 Digital Key Guide Deep Diveは、デジタルキーデザイナーや製品プランナーにとって本当に価値のあるリソースです。このガイドでは、3つの主要市場をカバーし、市場で知られているすべてのシステムに関するデジタルキーの機能と技術を詳しく説明しています。これは、セキュリティと利便性に関する過去と現在のトレンドの評価に役立ちます。"- サム・ネルストロップ、サプライヤー&技術マーケット・インテリジェンス・スペシャリストSBD Automotive


次のステップ

前述の各レポートは、現在提供されている最も興味深く、競争力の高いコネクテッドテクノロジーおよびサービスに関する最新の情報を提供しています。各レポートでは、常に進化し続ける幅広いコネクテッドサービスを網羅し、コネクティビティ戦略を成功に導くために必要な深い洞察を提供しています。

 

本記事で取り上げたテクノロジーに関しては、「コネクテッドカーおよびデジタルサービス総合ガイド」、「デジタルコックピット&インフォテインメントガイド」、「デジタルキーガイド」の各レポート本編でより詳細に解説しています。下記をクリックし、各レポートの詳細をご覧ください。














 

新刊レポートの発行案内や、無料ウィークリーニュースメール「SBDニュースハイライト」、SBDが開催・登壇するイベント/ウェビナーについての告知、ホワイトペーパー/インサイトをお届けするSBDの無料情報配信サービスにぜひご登録ください。



コメンタリオス


ページ下段