このページの先頭へ

米国はEVインフラを効果的に展開しているのか?





今後5年間で米国では1,000万台以上のEVが出荷され、その機能には民間と公共の両方の充電インフラが必要となります。SBDのデータによると、米国のICE消費者はEVへの移行を最も懸念しています。米国をケーススタディとして使用していますが、他の地域についても、その地域特有の展開戦略やEV市場の普及状況を考慮して分析を作成することができます。


このインサイトでは、米国におけるEVインフラ整備の現状と計画、そして消費者とOEMの双方にとって、将来のEV販売にどのような意味を持つのかを探ります。


同分野における動向

OEM、米国政府、Charge Point Operator(CPOs)は、適切なEV充電インフラの提供を迫られている。しかし、導入には、地域(州や市)レベルのレベルで消費者のニーズをより深く理解することが必要です。

  • 米国では充電ポイントの設置が沿岸部に集中していますが、今後5年間は充電インフラの進化に伴い、内陸部の州でもEV販売が大幅に増加すると予想されます。

  • これを支えるために、米国政府はEVのインフラ整備に75億ドルを投じています。

  • 電池製造設備の増設に伴い、サプライチェーンの圧力が緩和され、自動車の生産台数が増加することになります。

  • 充電インフラのデータは、公共充電インフラのみを対象としており、個人充電や家庭用充電は含まれていません。


なぜ、それが重要なのか?

米国では、充電インフラへのアクセスや充電が普及のための重要な障壁となっている。これらに焦点を当てることが、EVの普及を促進するための優先事項であるべきです。

  • SBDは、「EV検討者」に該当する米国のICEオーナー1,000人以上に、EV購入の主な動機と障壁について質問しました。

  • 充電インフラの整備は進んでおり、充電インフラが障害となるEV所有者は5人に1人ですが、実際にインフラがない、または認識しているだけで、EV所有の主要な障害となっていることは明らかです。

  • 障壁にのみ焦点を当てるだけでは十分ではありません。消費者を導入に向かわせるためには、心理的に「簡単な」言い訳でEVを買わないようにするための、認識の変化が必要です。



今後の展望

長期的には、米国ではほとんどの消費者がEVインフラを利用できるようになる。しかし、短中期的には、消費者の不満を解消するために、インフラが効率的に、地域のニーズを考慮して配備されることが、OEM、政府、CPOの最善の利益となる。

  • 現在のEVの供給量は(潜在的な需要に比べて)少ないため、政府、CPO、OEMは、EVの生産が増加する前にインフラを導入し、準備する時間が必要です。

  • 充電の問題はより顕著になり、高速道路の充電や車の航続距離に関する懸念が高まっている。これは、インフラが整備され、人々の認識が変わるまで続くだろう。

  • EVが環境に与える影響に対する認識が広まり、電池技術の革新が遅れるにつれ、官民は代替推進方法に重点を移していくでしょう。


  1. 消費者は、車もインフラも今すぐ欲しいので、不満が出るでしょう。

  2. EVインフラプロジェクトの資金を企業や自治体に放出し、プロジェクトの展開を開始する。

  3. EVの生産は、すべての主要OEMの主要な焦点となる。

  4. 全米でEVインフラが整備され、人口の大半を占める充電の悩みに対応。

  5. その他の推進方法についても本格的に検討する(燃料電池、e-fuels)。




注目すべきは?

SBDは、米国で最も充電能力の高い5つのCPOを特定しました。CPOは、充電能力を拡大し、OEMと提携することで、最終消費者がEVインフラに広くアクセスできるようにしています。

  • 複雑な充電エコシステムには数百の企業と複数のビジネスモデルが存在し、効率性、消費者体験、収益性への拡張にますます焦点が当てられ、両方に関して市場統合が進むと予想されます。

  • CPOは、市場拡大における最大の障壁は、公的機関と連携する際のペーパーワークと長いリードタイムであるとよく述べています。自治体と連携してこのようなオーバーヘッドを削減することで、インフラ拡張を促進し、関係者全員のコストを削減することができます。


どのように対応すべきか?

教育する

OEM、政府、CPOは、既存の充電インフラや将来の充電に関する補助金について、消費者への啓蒙活動を共同で行うべきである。


アナライズ

インフラの配備には、よりニュアンスの異なる方法論が必要である。州や大都市圏レベルでの展開目標やKPIが必要である。どこでも充電器を増やすというのは、効率的でも効果的でもない。


プラン

OEMとして、政府やCPOと一緒に将来の展開を計画し、十分なサポートとユーザーエクスペリエンス 。ソフトウェア・ツールやビッグ・データは、より多くの情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。


詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotiveではカスタムプロジェクトを通じて、クライアントが新たな課題や機会へ取り組むことを支援しています。EVインフラに関連する最近のプロジェクトに関する詳細や、その他ご要望については下記までお問い合わせください。



 

関連コンテンツ:













 

ページ下段