このページの先頭へ

サイバーセキュリティ、自動運転車 、EV、コネクテッドカーへの世界の法規制の影響

ヘルスケアとウェルビーイング、V2G:双方向のEVエネルギーマネジメント技術は、自動車業界にどのような影響を与えるのか?

今日の自動車技術の持続的な進化は、世界的なシフトの象徴であり、自動車の在り方あやユーザー体験に革新をもたらす可能性があります。しかし、こうした技術の普及には、世界各国の政府による法規制が不可欠であり、そのためには、ユーザーが広く使用できるような安全性が確保される必要があります。そのため、革新を追求するOEM、サプライヤー、開発者、新興企業にとって、最新のイノベーションとともに急速に進化する法規制の動向を理解することが極めて重要です。しかしながら、こうした状況を構成する多様な法的枠組みや法規制の中でナビゲートすることは、特に、より多くの規制が導入されるのに伴い、困難を極めるでしょう。

 

SBD Automotiveでは、自動車技術に関する法規制について、「自動運転ガイド 法規制編」、「サイバーセキュリティ法規制ガイド」、「EV法規制&インセンティブガイド」、「コネクティッドカーガイド 法規制編」の4つのレポートを発行しています。各レポート共、現在、2024年第1四半期の最新版が発行されています。レポートでは、主な自動車技術領域における最新の法規制動向に関する洞察を提供しており、それぞれ合わせてご利用いただくことで、現在進行中の自動車関連法規制の全容を把握することが可能です。

 

本記事では、各法規制ガイドを深く掘り下げ、その内容と主な利点について概説します。また、SBD Automotive の自動車技術スペシャリストであり、これらレポートの主執筆者であるRiley Keehnが、レポートの要点を解説します。各レポートから抜粋したサンプルページでは、開発者、OEM、サプライヤーなど、各レポートが可能にする知識と機会について、さらに詳しく解説しています。


自動運転ガイド 法規制編(レポート番号:535)

伝統的なOEMも新規参入企業も、より先進的なADAS 、自動運転システムを開発、テスト、導入することで、車両の自動化に向けたトレンドを活用しようとしています。こうした技術のエコシステムは、消費者の信頼を得るためOEM各社による取り組みに伴う技術の成熟度や、それらを取り巻く法的枠組みの影響をうけながら、世界各国においてさまざまなペースで拡大しています。一連のガイドライン、法規制、業界団体などで構成されるこの枠組みは、すべてのADASおよび自動運転技術の安全な開発、テスト、提供開始を保証するものです。新たな自動運転技術の開発や、それらの新たな地域での展開に伴い、これらを取り巻く状況がますます複雑化する中、進化する自動運転技術に関連する法規制動向を理解することで、市場投入を迅速化し、消費者の信頼を強化することが可能となります。

 


SBD Automotiveの「自動運転ガイド 法規制編」では、法規制が車両の自動化にどのような影響を及ぼしているかを分析しています。本書では、そうした法規制による脅威や、影響、機会を特定する一方で、自動運転をめぐる法規制の取り組みが地域によってどのように異なるのかについて詳細に解説します。本記事では、ADAS機能の安全性を向上させるために施行される可能性のある新たな要件や、SAEレベル3およびレベル4のシステムの公道での使用を許可している国々、現在の(そして潜在的な)消費者に影響を及ぼし得るNCAP要件について紹介します。本書は四半期ごとに更新し、自動運転車技術に関連する法規制の動向についての新たな洞察と最新情報を提供します。


"自律走行車法制ガイドは、ますます進む自動運転車 と自動化システムの開発と配備について最新情報を得ようとする OEM、モビリティ・プロバイダー、地方自治体にとって貴重なツールである。世界のどの地域がどのレベルの自律性を配備しているのか、ADAS の新機能が安全のためにどのように規制または義務化されているのか、また、その間の政策ギャップを埋めるためにベストプラクティスや標準がどのように採用されているのかを把握することができる。SBDは、責任、保険適用、ラベリング、データおよびサイバーセキュリティ、その他自律走行に関するリスク領域で設定されている世界的な先例を追跡しているため、本レポートは法務/コンプライアンスチームや保険プロバイダーにも特に役立つ可能性があります。"- ライリー・キーン、自動車技術スペシャリストSBD Automotive


サイバーセキュリティ法規制ガイド(レポート番号:539)

技術の進歩レベルは異なるものの、多くのOEMが最新の車両により多くのデジタル機能を搭載しています。しかしながら、このデジタル化によって車両のライフサイクルに新たな機会がもたらされる一方で、一部の新型車両は外部のサイバーセキュリティの脆弱性にさらされています。そのため、独自のコネクティビティソリューションを開発または発売するOEMにとっては、それらが堅牢であること、潜在的なサイバーセキュリティリスクに対処できる十分な準備が整っていること、グローバルなサイバーセキュリティ法規制に準拠していることが非常に重要です。

 


SBDの「サイバーセキュリティ法規制ガイド」は、サイバーセキュリティ関連の法規制についての包括的な参照ツールとして設計されており、世界各国の車載および車外システムに影響を与えるベストプラクティスのガイドラインと技術標準について詳述しています。本書では、最新の指令、ガイド、基準によってもたらされる脅威、影響、機会を評価しています。この分析を通じて、将来の自動車の製造、認証、販売に影響を与える可能性のある新たなサイバーセキュリティ規制を明らかにします。本書は四半期ごとに更新し、さまざまな地域におけるサイバーセキュリティ関連の法規制について最新の変更や更新に対応しています。


SBD Automotive 「自動車サイバーセキュリティ法制ガイド」は、UN R155 (CSMS)やUN R156 (SUMS)のような主要な業界規制の改正、新たな政策や枠組み、ローカル規格や広く採用されている国際規格の更新の概要と変更追跡を掲載した、自動車サイバーセキュリティ政策のすべてを網羅するワンストップ・ショップです。本レポートの政策が示す技術的なサイバーセキュリティ要件は、SBD の自律走行車、コネクティッドカー、電気自動車法制ガイド(それぞれ 535、528、218)と密接に関連している。チームの機能に応じて、535、528、および/または 218 と 539 を参照し、特定のドメインやシステムに関するサイバーセキュリティ、データプライバシーと管理、機能安全、その他のリスク管理分野の関係をより包括的に把握することを強く推奨する。"- ライリー・キーン、自動車技術スペシャリストSBD Automotive


コネクテッドカーガイド:法規制編(レポート番号:528)

進化し続けるコネクティビティの展望の中で、従来のOEMやサプライヤーは、変化する消費者の需要に対応するため、常に提供製品を強化している。同時に、新たなプレーヤーは、開発・生産から最終消費者に至るまで、自動車のライフサイクルにコネクティビティを独自に組み込んでいるユーザーエクスペリエンス 。新たなコネクティビティの革新が展開されるにつれて、政府や団体は様々な法的・規制的活動で対応しており、コネクテッド・システムに関する法的状況をより複雑なものにしている。

 


このような状況を定義するため、当社の「コネクテッドカー法制ガイド」では、多くの地域でOEM、サプライヤー、コネクテッドサービス に影響を与える活発な法制と発展中の法制を特定しています。四半期ごとに更新されるこのガイドでは、さまざまな法規制の範囲や法的状況、その背後にある組織について詳しく説明しています。本レポートでは、これらの法規制が地域によってどのように異なるかを評価する一方で、開発中の法規制がどの程度実施される可能性があるかを把握し、将来のコネクティビティ機能に対する潜在的な影響についても概説しています。

 

「SBD のコネクテッドカー法制化ガイドは、自動車やインフラのコネクテッド化に取り組む OEM、部品サプライヤー、ソフトウェア開発者、さらには地方自治体にとって、優れたリソースとなる。ソフトウェアで定義された自動車、コネクティッドシステム、およびそれらが収集するデータに関連する、主要市場におけるデータプライバシーと管理要件の変化を常に把握し、そのようなコネクティッドシステムの実装と、交通、道路、エネルギーインフラ、およびユーザーとの相互作用のための標準化、ベストプラクティス、および義務に従ってください。"- ライリー・キーン、自動車技術スペシャリストSBD Automotive


EV法規制&インセンティブガイド(レポート番号:218)

EVがメインストリームで普及し続けるにつれ、多くのOEMがEV分野でさらなる革新を模索している。同時に、EVの強い市場機会を背景に、スタートアップ 、自動車以外のプレーヤーも業界の足場を固めようと独自のコンセプトを明らかにしている。EVの人気と同時に高まっているのが、EVを取り巻く広範な法的環境とインセンティブのエコシステムである。これらのプレーヤーはまた、このような状況やインセンティブが地域によってどのように異なり、将来EVが世界的な成功を収めるためにどのように進化していくかを理解しなければならない。

 


EV法規制&インセンティブガイドは、世界の電動化に対する法制の影響に関する詳細な分析を通じて、これらの知識すべてを提供します。現在、EVに対して提供されている法規制やインセンティブを理解する一方で、開発中の法規制が予想される影響や、EVに対する公的インセンティブが地域によってどのように異なるかを明らかにしています。より広範なEVの状況を考慮し、当社の専門家は充電インフラに関する最新の規制も紹介しています。本レポートは四半期ごとに更新され、最新のEV法制やインセンティブに関する新たな知見を提供しています。


SBD の「電気自動車とインセンティブ法制ガイド」は、電気自動車プログラムを成功させるため の政策全般を網羅している。ゼロ・エミッション車、温室効果ガスと燃費の規制、充電設備、政府資金(米国の NEVI フォーミュラのような)、ライフサイクル分析、リサイクルと再利用、グリッド・セキュリティーなどの成長分野の規制、法律、ベストプラクティス、基準をカバーしている。また、本レポートには、意思決定者が車両、フリート、製造/サプライチェーン、充電設備増強、エネルギー利用リベート、税額控除、その他のインセンティブ構造を最大限に活用するための主要市場を特定するのに役立つ、消費者向けおよびメーカー向けインセンティブのトラッキングガイドも含まれている。本レポートは、EVの新興企業や子会社、パワートレインのエンジニア、規制遵守チーム、OEMのエネルギー部門、電力会社、バッテリーや充電設備のサプライヤーなど、電動化の未来に関心や利害関係を持つすべての人に最適である。- ライリー・キーン、自動車技術スペシャリストSBD Automotive


次のステップ

本インサイトを通じて実証されているように、当社の各法規制ガイドは、自動車の将来において決定的な役割を果たす4つの技術を取り巻く法的環境について、明確で根拠ある見解を提供しています。これらを組み合わせることで、当社のコネクティビティ、サイバーセキュリティ、自律走行、EVの専門家による深い洞察が集約された生きたリソースが提供され、これらの領域にわたるソリューションを前進させ、法的承認を加速させることができます。

 

グローバルな自動車業界 にまたがる最新の法規制活動を常に把握したいとお考えですか?詳細をお知りになりたい方は、下記をクリックし、今すぐ法規制ガイドをご請求ください!






 

2024年レポートカタログの最新情報や、業界のトップトレンドに関する最新情報をご希望の方は、今すぐニュースレターをご購読ください!



コメント欄


ページ下段