このページの先頭へ

コネクテッドカーとネットワークエッジの連携



将来の自動車向けワークロードは、ネットワーク・エッジにおけるパフォーマンスの限界を押し広げ、限界に達する可能性があります。コネクテッド・ビークルのエコシステムは、基本的なテレマティクス・サービスの提供から、データ・リッチな消費者向けサービスとデータ集約型の輸送イネーブラー・サービスの組み合わせへと急速に変化しています。 2025年には、前方カメラを内蔵した3,100万台の自動車が欧米市場で販売され、車載リソースで処理される1日あたり最大10エクサバイトのデータが生成される。オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム(AECC)によると、データの大半がピーク時にアップロードされる場合、ネットワークの持続可能性が問題になる(Mobile World Live、2022年)。車両データ管理と通信ネットワーク・インフラ計画の双方に大幅な変更を加え、両者を協調させなければ、自動車業界 、2030年までにインターネットが壊れることになりそうだ。


SBD AutomotiveとAECCはこの度共同で、ネットワークエッジに関して自動車業界の長期的なワークロードが直面する大きな課題について、ホワイトペーパー(英語版)を作成しました。下記よりダウンロードいただけます。




コメンタリオス


ページ下段