このページの先頭へ

CES 2023 - 0日目

CES 2023が米ラスベガスで開催されます。


<span>本年度のCES 2023は例年以上にエキサイティングなイベントとなりそうです。今回SBD Automotiveではイベント開催に先立ち、主要なテーマや発表内容について簡単に紹介します。CESの最新情報をお届けするワンストップ・ショップを目指し、現地視察チームが同イベントでの動向を日々お届けしていきます。</span>


このインサイトセクションでは、写真や動画と共に、CES 2023における発表内容をデイリーニュースとして記事にまとめていく予定です。また、自動車業界に関連する出展情報をまとめた「Automotive Tour Map」を下記にて無料でご提供しておりますのでぜひダウンロードしてご活用ください。


今回の記事では、これまでに発表されたテーマや発表の中から、特に注目すべきものをピックアップしてご紹介します。


EV、EV、そしてさらなるEV CES 2023が開催される中、EVはすでに初期の発表で大きな役割を果たしている。Stellantisは、新型RAM 1500のコンセプト写真を公開した。 RAM 1500Revolution BEVのコンセプト写真を公開し、1月5日に詳細を発表する予定だ。新型EVを発表すると予想される他のOEMには、VW が含まれる。 ID.7ホンダと プロローグBMWがある。ほとんどのモデルについて、まだ多くの詳細が明らかになるのを待っているが、新しいバッテリー技術と航続距離の延長がOEMにとって重要な優先事項であり、セグメントの継続的な多様化であることがわかる。

Honda Prologue
2024 Honda Prologue

没入型車内体験 車内での没入型体験は今年もホットなトピックであることが証明されており、大型のエンド・ツー・エンドの車載ディスプレイがサプライヤーやOEM各社に普及している。StellantisはChrysler Synthesisのデモ機を通じて没入型車内体験のビジョンを披露する予定であり、ContinentalとLG Displayはともに車載用の新しい大型スクリーンを公開した。エヌビディアは、クラウドゲームサービスを現代自動車、ポールスター、BYDの各車両に統合する提携を発表した。


ソフトウェア定義自動車の実現 OEMがいかに積極的にソフトウェアにシフトしているかを考えれば、SW-Defined Vehicles(SDV)が今年のホットなトピックであることは驚くことではない。BlackBerryはブースでBlackBerry IVYを展示する予定であり、その中にはプラットフォームのSDV機能の多くも含まれている。同社は、車載エッジベースの機械学習、予知保全、車載セキュアペイメントをAlexa音声統合とともに紹介するライブデモを計画している。AWSはSDVの世界におけるもう1つの重要なプレーヤーであり、今年のブースでAWS IoT for AutomotiveとAWS IoT Fleetwiseの両方のデモを提供する予定だ。また、コンチネンタルを含む特定のサプライヤーが、車載ECUとチップセットの統合を推進し続けている。 明日の開幕が待ち遠しく、今年のCESが提供するすべてをチェックする機会が待ち遠しい!



CES 2023に現地で参加される場合は、ぜひSBD Automotiveが提供するAutomotive Tour Mapをダウンロードしご活用ください。





イベント閉幕後には、CESにおける自動車関連の動向をまとめた無料サマリーレポート、およびそうした動向が自動車業界に及ぼす影響についての検証を含む詳細な有償レポートを発行いたします。サマリーレポートをご希望の場合は下記より無料情報サービスの購読にお申し込みください。


ページ下段