このページの先頭へ

車載用マルチソースソフトウェアスタック


自動車ソフトウェア・ソリューションの状況は、業界がSoftware-Defined Vehicleに移行するにつれて、根本的な変化を遂げつつある。自動車に統合されるソフトウェアの量は、アーキテクチャが機能固有の制御ユニットから、ハイパーバイザーやコンテナを使用して仮想マシンを作成し、複数のECUの機能を統合するセントラルコントローラーやゾーンコントローラーに移行するにつれて急速に増加している。ソフトウェアにおける仮想化は、ソフトウェアディファインドビークル のアーキテクチャを可能にする鍵であり、インフォテインメントや安全カメラなどの混合クリティカルなシステムが同じハードウェアを共有することを可能にする。

Tesla、BMW、VW 、Mercedes、Stellantis、VolvoなどのOEMは、このシフトの一環として、独自のソフトウェアベースを開発する取り組みを発表しています。しかし、従来の垂直スタック型ソフトウェア開発パラダイムは、OEMがやりたいことを実現できるほど拡張性があるのでしょうか?サードパーティーのソフトウェアをOEMのスタックに統合することで、そのスケーリングを可能にすることができるのでしょうか?

このホワイトペーパーでは、ソフトウェアディファインドビークル のライフサイクルを支援するソフトウェアソリューションの幅広いエコシステムを深く掘り下げている。コミュニティが管理するソフトウェアと商業的に管理されるソフトウェアの違いを分解することで、異なるサードパーティシステムがどのようにお互いを補完できるかを理解している。車両ソフトウェアの寿命に関する詳細な調査は、強力な無線ソフトウェア更新戦略の重要性を強調する一方で、不完全な更新戦略の落とし穴を検証している。

このホワイトペーパーでは、車両ソフトウェアに深く関わっているOEMやサプライヤ、または車両ソフトウェアをより多く実装しようとしているサプライヤのために、新しいソフトウェアを調達するためのさまざまなアプローチを評価し、その実装のためのベストプラクティスをマッピングしています。同様に、将来のソフトウェア定義車両の開発と運用を支援するソフトウェアソリューションを積極的にサポートしている法律や標準についても詳しく説明しています。



コメンタリオス


ページ下段