このページの先頭へ

AVスタートアップのピークは過ぎたのか?





最近、多くのスタートアップ が閉鎖されたり、サプライヤーに吸収されたり、完全に買収されたりしている。L4オートノミーが広く採用されるにはまだ長い道のりがあるにもかかわらず、急速に高まる導入コストによって、この競争は高価なものとなっています。その結果、AVスタートアップ の機会が制限され、初期のリーダーの地位が確立される可能性があります。


このインサイトでは、私たちはすでに「AVスタートアップのピーク」に達しているのか、それともパンデミックによる一時的な低迷を経験しているのかを探ります。


同分野における動向

AVエコシステムは、参入するプレーヤーが少なくなり、統合と安定化が進んでいます。

  • LocalMotorsは今年初めに閉鎖され オプティマス・ライドはマグナに吸収された。- これらはそれぞれユニークな動きを見せていたが、同時に増加傾向にあることも示している。

  • COVID パンデミックに先立ち(しかし加速されたと思われる)、毎年新しく発売されるAVスタートアップ の数はかなり減少しています。その結果、L4パイロットの新規就航は頭打ちになっています。

  • L4レースでは、節目節目に数十億ドルの資金を調達する必要があります。

  • SBDは、「急がば回れ」のプレッシャーと、L4の商品化に時間がかかるという認識から、M&Aや閉鎖が活発化していると考えている。


なぜ、それが重要なのか?

業界全体が何年も前から強気な予測をしていましたが(メディアもそれを支持)、L4自律走行が広く普及し、商業的に成功するまでには長い時間がかかると、多くの人が認識し始めています。

  • SBDの予測SBDの予測では、主要市場におけるL4車両台数は100万台を超える可能性は低く、多くのスタートアップ が投資家に約束していた台数を大幅に下回るという。

  • このような認識から、投資家はより厳しい質問をするようになり、アーリーステージのAVスタートアップ が次のレベルの資金調達に到達するのを難しくし、新規参入を抑止しています。

  • もしこれがピーク(小康状態)であれば、現在のトップランナーはクズみたいな新参者に駆逐されにくく、製品化までの長い道のりに耐えやすいということだ。


今後の展望

L4オートメーションの市場が拡大するのに時間がかかるため、動きの鈍い企業は、まだ自社で構築できていない能力を獲得する機会を得ることになります。

  • 市場の統合は避けられないが、新しい市場セグメントのこのような初期段階においては珍しい。

  • AVスタートアップ の多くは、特定のニッチ、地域、またはAVスタックの特定のレイヤーに焦点を当てることで、事業を継続する可能性が高い。

  • ティアワンサプライヤーやOEMにとって、初期の統合は、選択的なM&Aによってキャッチアップする機会であり、異なる地域間の能力やIPをつなぎ合わせることで、競争に勝ち残ることができます。

  • AV分野の現リーダー企業にとって、統合は息抜きになるとともに、(新規参入企業に対する投資家の信頼が低下し、既存のリーダー企業に焦点が移るため)自社の評価も高めると思われます。


  1. 今後数年間は、特に初期段階のスタートアップ の M&A や閉鎖がさらに増えることが予想される。

  2. ビッグプレーヤーは、競合をさらに押しのけ、競争優位を勝ち取るために、大きな投資を続けていくでしょう。

  3. AVスタートアップ あらゆる場所ですべての人に対応することはもはや不可能であるため、ニッチなセグメント(地域別またはユースケース別)に焦点を当てるようになるであろう。

  4. 各国政府は、道路やホモロゲーションルールの更新を競っています。法整備は、もはや成功の妨げにはならないだろう。

  5. SBDの予測では、2030年まではL4車の走行台数はごくわずかですが、2030年以降、その台数は大幅に増加する見込みです。


注目すべきは?

SBDは、L4パイロットの運用が可能なレベルでありながら、サービスの拡大や商業化には至っていないAVスタートアップを7社特定しました。

  • これらの企業はいずれも強力な技術的USPを持っており、より商業的に進んだL4市場では、特定のセグメントや地域に集中することで独立して生き残ることができるだろう。

  • いずれも現在では収益を上げていますが、継続的なライセンス料ではなく、初期段階のプロジェクト料が主な収入源となっています。

  • これらの企業は、規模を拡大し、独立を維持するために必要な投資を求め続けるでしょう。しかし、投資家がL4オートメーションの商業化のスピードに疑問を持ち始めると、これらの企業は戦略的な買い手を探し始めるかもしれません。

  • 更新前回のレビュー以来、FiveAIはBoschに買収された(リンク)


どのように対応すべきか?

フォーカス

L4サービスの拡大・商用化が遅れているAVスタートアップ にとっては、垂直的な提供(例:特定の地域における特定のL4セグメント)または水平的な提供(例:L4スタックの特定の部分)に焦点を当てることがより重要になる。


キャピタライズ

様々な既存のOEMやティアワン・サプライヤーは、L4オートノミーに対して「パートナーから学ぶ」アプローチをとり、地域のスタートアップ 、パイロットを構築することを求めてきました。今こそ、「パートナーから獲得する」モデルへとシフトする時かもしれません。


忍耐

短期的には技術力を発揮し、AVサービスが実用化されるまでの辛抱強さ(と懐の深さ)が成功の鍵になるのです。


詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotiveではカスタムプロジェクトを通じて、クライアントが新たな課題や機会へ取り組むことを支援しています。自動運転に関連する最近のプロジェクトに関する詳細や、その他ご要望については下記までお問い合わせください。



 

関連コンテンツ:













 

ページ下段