このページの先頭へ

OEMはデータを収集しすぎる危険性があるのか?





2022年には世界で5,100万台以上の自動車がコネクティビティを内蔵して出荷され、そのすべてが自動車メーカーと定期的にデータを共有するようになると言われています。CEの世界では、データ収集の透明性を高めるために、アプリ開発者がスマートフォンアプリを通じてどのような個人データを収集しているかが注目されています。


このインサイトでは、どの自動車ブランドがコンパニオンアプリから最も個人情報を収集しているのか、また、消費者の反発のリスクが高まっているのかを探ります。


同分野における動向

どのアプリも何らかの個人情報を収集しますが、私たちの調査によると、一部の自動車メーカーは、より高いレベルの機能を必ずしも提供しないにもかかわらず、他のメーカーよりも著しく多くのデータを収集しています。

  • SBDは、米国の自動車メーカーがAppleのApp Storeで提供している9つのコンパニオンアプリが収集した個人データを分析しました。

  • GMのGuardianアプリは、位置情報、健康・フィットネス、ユーザーコンテンツ、使用データ、財務情報、連絡先、識別子、診断など、最も多くの種類の個人データを収集していることが判明しました。

  • 上記のデータと各アプリの機能を対比すると、個人情報の収集量と消費者に提供される価値との間に明確な関連性は見いだせませんでした。

  • 注 - この分析は、スマートフォンを介して収集されたデータのみを対象としており、自動車は対象外です。


なぜ、それが重要なのか?

プライバシーに関する懸念は、SBDが分析したレビュー全体の0.5%未満に過ぎませんが、ここ数年、個人情報の収集量や使用方法について不満を持つ消費者の数が急増しています。

  • SBDは、Apple App StoreとGoogle Play Storeに残されたOEMコンパニオンアプリに関する275,000件以上のレビューを分析し、プライバシーに関する否定的な感情を含む1,275件を発見した。

  • これは全レビューのごく一部に過ぎませんが、この4年間でその数は急増しています。

  • これは最近の個人情報保護に関する調査と一致している。 KPMGの調査2021年のKPMGの調査によると、調査対象となった米国の消費者の86%がデータ・プライバシーに対する懸念の高まりを感じており、40%は企業が倫理的にデータを使用することを信用していないことがわかった。

今後の展望

この10年間、社会はテクノロジーと「大バーゲン」を結び、利便性と安全性を優先してプライバシーを切り捨てました。そして今、多くの消費者が不安や混乱を感じ、自分の個人データを十分にコントロールできないでいます。この変化は、グランドバーゲンを再評価し、ブランドへの信頼を築くことに新たな重点を置くことにつながるでしょう。

  • 規制だけでは、プライバシーに対する消費者の懸念に対処することはできません。企業はますます、箱詰め以上のことをする必要があります。

  • 規制が実現するのは、一部の企業がどれだけ不必要なデータを収集しているかを明らかにすることです。

  • そのため、多くのブランド(特にプレミアムブランド)にとって、プライバシーが差別化要因となり、新しいタイプのプライバシー体験が車に組み込まれることになると予想されます。


  1. すべてのトレンドラインは、消費者のプライバシーに対する関心が高まっていることを示しています。

  2. GDPRのような規制が広がり、各国政府は罰金を科し、模範を示そうと考えています。

  3. すでに一部の自動車メーカーは、自らを「Automotive PrivacyのApple」と位置づけるべく、取り組んでいます。

  4. プライバシースタートアップ 、新しいタイプのデータ匿名化を提供し、消費者がよりコントロールできるようになることを期待します。

  5. サイバーセキュリティが設計思想に組み込まれつつあるように、プライバシーもいずれはそれに従うことになるでしょう。



注目すべきは?

アップルは、個人データの管理方法について、より高いレベルの可視性と制御を導入することで、プライバシーに配慮した企業のあるべき姿を定義し続けている。自動車メーカー ポルシェのような自動車メーカーもすでに同様のブランド戦略を採用しているが、これらすべての企業において、行動は言葉よりも雄弁である。

  • 自動車メーカーはプライバシーを優先するのに適した立場にあるはずです。アルファベットやフェイスブックのようなテックジャイアント とは異なり、彼らの主要なビジネスモデルは依然として広告よりも製品やサービスの販売です。

  • プライバシーに配慮したクルマを実現するための主な障壁は、技術的・組織的な遺産です。デザインプロセスの最後にプライバシーを後付けするのは、湿った壁の上にペンキを塗るようなもので、結局はいつも腐ってしまうのです」。

  • 注目に値する 研究結果は、アップルでさえ、必ずしも自らのマーケティング上の約束を果たしていないことを示している。


どのように対応すべきか?

監査

あらゆるチャネルを通じて収集されたすべてのコネクテッドカー・データについて、定期的に幹部レベルの360監査を行い、本当に必要なものがどれくらいあるかを評価する。


デザイン

利便性とパーソナルデータのコントロールが両立する、理想的な消費者体験のあり方を可視化する。


エンゲージ

規約の後ろに隠れることなく、定期的にプライバシーについてオープンに話し、消費者がデータに対して抱いている懸念に対処しましょう。


詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotiveではカスタムプロジェクトを通じて、クライアントが新たな課題や機会へ取り組むことを支援しています。自動車のデータプライバシーに関連する最近のプロジェクトに関する詳細や、その他ご要望については下記までお問い合わせください。



 

関連コンテンツ:













 

ページ下段