このページの先頭へ

ローカライズの流れに乗る新しいプレイヤーたち





アルベルト・アインシュタインはかつて、「新しい世界を探検するのに、古い地図は使えない」と言いました。自動車業界'の自律走行に向けた取り組みにおいて、地図とローカライゼーションはますます重要な要素となっています。正確なローカライゼーションによって、車両はより予測的な方法で対応し、悪条件の中で操作し、緊急時には安全に停止することができます。


このインサイトでは、ローカライゼーションの重要性の高まりが、Nvidiaのようなチップセットサプライヤーや、BoschのAtlatec買収のようなM&Aといった新しいプレイヤーの流入に繋がっていることを分析しています。また、どのようなユースケースが話題を呼んでいるのか、そして、ローカライゼーション・エコシステムにおいて自社が果たすべき役割に疑問を抱いている自動車メーカーにとって、どのような意味があるのかを探っています。


同分野における動向

を受け、ローカライズサービスを展開する企業のエコシステムが拡大し続けています。

L2/L3/L4運転の自動化に向けた機運が高まっています。

  • 自動車業界 以外の新しいプレーヤーとして、テックジャイアント や家電の開発会社が参入しています。

  • 従来のサプライヤーも、地図に関する新たな専門知識を獲得し、統合することで、ADAS 、AVの提供を向上させています。

  • 地図は、ローカライズシステムが位置照合を計算するために参照する共有メモリになっています。

  • さまざまなセンサーが統合され、堅牢性と手頃な価格のバランスが取られています。カメラ、レーダー、ライダーは、ローカライゼーションの向上に貢献し、より良い安全性と高度な自律走行のための冗長性と多用途性を提供します。


なぜ、それが重要なのか?

ローカライゼーションデータ&マップ市場は、主にL2/L3対応車の急速な販売拡大により、2027年には6億5000万ドル超に達すると予測されています。SBDは、安全性、利便性、自律走行をサポートする車載ローカライゼーションのユースケースを20以上特定しています。

  • 欧州ではインテリジェントスピードアシスト(ISA)が義務化され、ハンズフリーアクティブドライビングアシスト(SAEレベル2)がOEMで推進されつつある中、これらの機能はいずれもローカライズが有効です。

  • また、地図と組み合わせることで、困難な天候下での運転も可能になります。

  • ローカライゼーションの重要性に対する認識が高まったことで、ローカライゼーションを自ら行いたいと考えるOEMをはじめ、ローカライゼーションに取り組むプレイヤーが増加しています。


今後の展望

高度なローカライゼーション技術の複雑さが増すにつれ、OEMやTier1サプライヤーは、ベンダーロックインを避けることが重要となってきます。少なくとも部分的に)自社で能力を開発するか、ローカライゼーション/マッピングのパートナーやアーキテクチャを賢く選択する必要があります。

  • モバイルワイヤレスネットワークは、高価な追加センサーなしでローカライゼーションを提供する5G技術を提供する予定です。

  • OEMは、顧客車両から収集した膨大な量のデータを管理し、クラウドソーシングで共同利用することで最高の価値を提供します。

  • 新しい技術により、グローバルな衛星コンステレーションの有効性が高まり、数も増加し、GPSの約29個から、マルチカントリーGNSSで約94個まで増えました。長期的には、低軌道(LEO)により、自律走行や一般的な測位に使用する何千もの衛星が登場する予定です。


  1. ADASISによる電子水平線のインターフェイスの標準化により、最初の生産ユースケースへの基盤が整いました。

  2. 新しいローカライゼーション技術の開発に伴い、OSMやサプライヤーによる戦略的買収が続いている。プレミアムカーやボリュームカーの開発では、より良い技術やより多くのユースケースが求められています。

  3. データ収集がスケールアップし、ADAS 、新しいユースケースでより自然な振る舞いができるようになる。ビッグテックは、自動車や携帯電話から収集したデータを商業化するための新しい選択肢を模索することになる。

  4. 貨物トラックやロボットタクシーの高精度な定位が、より広いエリアやフリートで普及する。



注目すべきは?

2021年のDeep Mapの買収に続き、NvidiaはAVおよびSAEレベル2ハンズフリー&レベル3の量産展開のためにDRIVE Mapを提供しますADAS.

  • ボッシュはアトラテックを買収することで、TomTomとの既存のレーダークラウドソーシングを補完する、HDマップの構築能力を獲得しました。

  • HEREは、ライダー点群やOEMが独自の地図コレクションを作成するためのツールなど、提供するサービスの柔軟性を拡大しました。

  • Woven Planetは岐路に立たされている。アジリティが維持されれば、Automated Mapping Platformは拡大し、成熟する可能性があります。社内の関係者が研究だけに集中すれば、概念実証は普及製品に成熟しないかもしれない。

  • Appleのような企業は、ビッグデータの専門知識を持ち込んで、代替のローカライズ方法を提供するかもしれません。車両のセンサーは、電話やエッジコンピューティングによって補強されたり、置き換えられたりする可能性があります。


とるべき対応

Explore

ローカライゼーションにまつわる話題は、ポジションテクノロジーの精度を考慮しながら、戦略的ビジョンに合致し、商業的価値をもたらすユースケースを特定することで切り抜けましょう。


Optimize

コスト、データ使用量、計算の複雑さ、より広範な認識戦略への適合性など、技術選択における意味を考慮し、特定の地域や製品へのユースケースを評価する。


ソース

エコシステムの選択とシステムアーキテクチャは、関連するセンサー、データ、ソフトウェアパートナーのロケーションテクノロジーに関する専門知識によって推進されるでしょう。


詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotiveではカスタムプロジェクトを通じて、クライアントが新たな課題や機会へ取り組むことを支援しています。マップおよびローカライゼーションに関連する最近のプロジェクトに関する詳細や、その他ご要望については下記までお問い合わせください。



 

関連コンテンツ:












 

コメント


ページ下段