このページの先頭へ

UXベンチマーク評価 - BMW X1

ヘルスケアとウェルビーイング、V2G:双方向のEVエネルギーマネジメント技術は、自動車業界にどのような影響を与えるのか?

世界中でOEM各社は、未来に焦点を当てたインフォテインメントシステムから様々な新しいソフトウェア機能やサービスに至るまで、ますます多くのテクノロジーを最新の自動車に搭載しています。こうした技術が続々と登場するのに伴い、それらを取り巻く環境はますます革新の度合いを増し、ソフトウェアディファインドビークルへの道が切り開かれていくことになるでしょう。しかしながら、現在および将来の成功は、最終的にはシームレスで満足のいくユーザーエクスペリエンス を提供できるかどうかにかかっています。OEM、開発者、サプライヤーにとって、このエクスペリエンスを提供することは、製品のローンチを成功させるだけでなく、車両とそのデジタルサービスに対する長期的な顧客ロイヤルティを確保することにつながります。

 

SBD AutomotiveのHMI UX評価およびベンチマークシリーズレポートでは、こうしたHMI機能が、車内におけるユーザーエクスペリエンス(UX)にどのようにプラスあるいはマイナスの影響をもたらすかについて分析しています。このレポートシリーズは、世界中で発売されている最新のHMIシステムを包括的に評価するもので、弊社のベストセラー、ロングランレポートのひとつです。2024年には、SBDのUX専門家チームが対象9車種に搭載されたシステムの評価とベンチマークを行います。

 

本記事では、2024年のUX評価シリーズ第一弾としてBMW X1を取り上げます。新型SUVのIVIとUXの概要を紹介するほか、主要システムの長所と短所について解説し、ユーザーエクスペリエンスへの影響について深堀分析します。


BMW X1の評価詳細

今回SBDでは、BMWの最新車両オペレーティングシステムであるiDrive 9を搭載した最初のモデルである2024年モデルのBMW X1の評価を行いました。このシステムは、Google が提供するAndroid Open Source Projectソフトウェアを活用し、地図に焦点を当てたアプローチを可能にするとともに、より多くのサードパーティ製アプリが車載アプリのエコシステムに参入できるようになっています。またApple CarPlayおよびAndroid Autoとの互換性も提供されています。

 

SUVのインフォテインメント機能の中心となっているのは、10.25インチのインストルメントクラスターと10.7インチのセンターインフォメーション・ディスプレイを備えたBMW Curved Displayです。このCurved Displayには、BMWのConnectedDrive Servicesを含むiDrive 9のアプリやサービスが含まれるほか、My ModesやActive Driving Assistant(Active Blind Spot Detection、Lane Departure WarningなどのADAS)といった中核的な車両機能のコントロールも備わっています。

 

主なポイント

X1の評価を行ったSBDの専門家チームが発見した重要なポイントのひとつに、HMIエレメントの一部、特にヘッドアップディスプレイ(HUD)とメーターパネル用のハンドル上の制御機能の学習曲線が急であったということがあります。

 

たとえば、HUDがオフの場合、ハンドルの右側のコントロールはクラスターと連動していますが、HUDが起動すると、同じコントロールがHUDと連動します。これらのボタンの二重使用はユーザーを混乱させる可能性があるため、ハンドルの制御機能のUXとしてはマイナスとなります。より広い意味では、この二重使用により、ユーザーがこの実装を理解し、慣れるまでに予想以上の時間を要することにもなりかねません。SBDの専門家チームも同様に、ハンドルのスクロールホイールが使いにくいと感じることがあり、左側のスイッチと右側のスクロールホイールの間に矛盾があることが複雑さを増し、誤操作につながる可能性があると評価しました。X1のメディアシステムの制御機能もマイナス面として強調されました。ユーザーは、車載ラジオを「プリセット」または「お気に入り」のステーションにチューニングする際、HUDまたはインストルメントクラスターのメニューを参照し、正しい選択をしていることを確認しなければなりません。




 

今回SBDの専門家チームは、ConnectedDrive Storeが同SUVのHMIの主な強みのひとつであると評価しました。ConnectedDrive Storeは、BMW Digital Premium(BMWがオプションで提供するコネクテッドサービスパッケージ )を通じて利用範囲を拡大することが可能です。このパッケージは、車両購入後3ヶ月間はトライアルとして全ユーザーに提供され、その後は毎月または年間でのサブスクリプションサービスとして提供されます。このパッケージを通じて、ユーザーは音楽やオーディオ、ゲーム、旅行やローカル情報、エンターテイメントなどのカテゴリーにまたがる様々なサードパーティ製アプリにアクセスし、車両に直接ダウンロードすることができ、例えばSpotifyやNPRアプリは「メディアソース」メニューに表示されます。

 

ConnectedDrive Store自体の最大の強みのひとつは、コンシューマーエレクトロニクスの世界でなじみのあるエクスペリエンスであり、モバイルデバイスのアプリストアと同様にアプリのダウンロードや管理ができる点です。同時に、BMWのアプリストアで提供されるサードパーティ製アプリは、ユーザーに関連性の高い有用なコンテンツを提供し、ユーザーがアプリをダウンロードし続けることでシステムを常に最新の状態に保ち、システム全体の寿命を延ばすのに役立ちます。


分析

BMW X1のシステムが提供するエクスペリエンスをさらに深く掘り下げると、カスタマイズやコンフィギュレーションに関するさまざまな機能と、システムアーキテクチャーの使いやすさに関する2つの重要な発見がありました。



SBDの専門家チームでは、このシステムの長所のひとつは、ユーザーに提供されるパーソナライゼーションのレベルであり、自分のドライビングの好みに合わせて多くのパラメーターをカスタマイズできることであると評価しました。その最たるものが「My Modes」であり、選択可能な一連のテーマを提供することで、室内の照明やサウンドデザインなど、車室内の要素を変化させることができます。さらにX1のシステムは、繰り返される行動を登録し、時間をかけて学習することで、これらの習慣を認識し、ユーザープロファイルごとに独自のプロアクティブな推奨を行うことが可能です。

 

一方で、X1の情報アーキテクチャの複雑さは、ユーザーエクスペリエンス全体にとってマイナスであるという評価となりました 。センターディスプレイの左側にあるメディア、電話、ナビゲーションの常設ボタンは文字で表示され、HVACバーに組み込まれたHVAC、ホームページ、アプリ画面のボタンはアイコンで表示されるなど、メインメニューのボタンが様々なエリアに配置されていることが要因の一部として挙げられました。専門家チームは、これらのボタンがバラバラに表示されていることが視覚的な違和感をもたらし、システムをナビゲートする際に一部のユーザーに困難を生じさせる可能性があると指摘しています。


次のステップ

前述のように、BMW X1は豊富なHMI機能と、BMW Digital Premiumなどのパッケージを通じてこれらの機能をさらに強化する機会を提供しています。これらの機能のUX評価から、BMW X1には興味深い長所と改善すべき重要な領域があることが明らかになりました。本記事で紹介したシステムの概要や、ポイント、分析は、レポート本編で共有される洞察の一部に過ぎません。

 

170ページ以上に及ぶレポート本編では、同車両のADASや、インフォテインメント、ナビゲーション、音声認識など、主要な領域の機能のUXについて深堀分析するとともに、その特徴や機能を評価し、SBDが2023年に実施したHMI UX評価でレビューされた車両とのベンチマークを行っています。

 

SBDのUXベンチマーク評価レポートシリーズでは、最新の車載HMIソリューション、そのエンドユーザーへの影響、どの車両が最も優れたユーザーエクスペリエンスを提供しているのかについて、専門家チームが包括的な評価を実施しまとめています。





 


新刊レポートの発行案内や、無料ウィークリーニュースメール「SBDニュースハイライト」、SBDが開催・登壇するイベント/ウェビナーについての告知、ホワイトペーパー/インサイトをお届けするSBDの無料情報配信サービスにぜひご登録ください。



コメント


ページ下段