このページの先頭へ

MWC 2024のハイライト


2024年のMWC Barcelonaでは、今日の先見者たちが集結し、コネクティビティの未来を探求するパネル、基調講演、サミットで構成される包括的なプログラムが行われました。



MWC 2024の展示会場で披露されたイノベーションをより深く掘り下げ、それら自動車の未来に何をもたらすのかを探るため、SBD Automotiveでは専門家を現地に派遣しました。現地視察後、MWC 2024の主要なハイライトとトップトレンドをまとめ、無償の速報レポートとしてまとめています。

 

本レポートは、MWC 2024で発表されたトレンド、発表内容、および製品の概要をまとめ、無償で提供するものです。SBD Automotiveでは、この速報レポートに続き、MWCにおける展示内容やトレンドをより詳細に調査・分析し、自動車業界への影響や今後の展望などについて包括的に考察するプレミアムイベントレポート(有償)も発行しています。


 


SBD Automotiveの「MWC 2024 速報レポート」

この無償版・速報レポートでは、OEMのトレンド、最新の研究成果、新製品やサービス、重要な発表に焦点を当て、その概要を簡潔にまとめています。





 

生成AIの現在と未来

今年のショーフロア全体で強い存在感を示したのは生成AIで、音声アシスタント、画像作成、社員研修などのユースケースが実演されました。Qualcommは、自動車を含む多くのデバイスでオンデバイスの生成AI機能を展示し、開発者による新たなAIアプリケーション作成を支援するAI Hubを公開しました。Googleは、没入型の展示を通じてAndroid Auto向けの新しいAI対応機能を紹介しました。ユーザーが運転中、システムは長い文章を要約し、関連する返信を推奨することが可能となっています。


5Gと5G Advanced

5Gは、5G Advanced、5Gプライベートネットワーク、5Gのマネタイズの機会といったトピックを通じて、MWC 2024で広く取り上げられました。例えば5G Advancedは、コネクティビティ標準の次の進化を示し、より幅広いユースケースをサポートします。同イベントでは、さまざまな地域の企業が5G Advanceによって実現される新たなソリューションの発表および、デモンストレーションを行いました。

2025年の開始が予想される商用展開が、この最先端技術の幕開けとなるとみられます。


AIを中心としたコラボレーション

AIはMWC 2024のアジェンダを形成する上で極めて重要な役割を果たすと同時に、新たなコラボレーション実現の触媒としても機能しました。Deutsche Telekom、Etisalat by &e、Singtel、SK Telecom、SoftBankは、このイベントでジョイントベンチャー「Global Telco AI Alliance」を立ち上げました。これらの企業は共同で、通信会社がデジタルアシスタントやチャットボットを通じて顧客との対話を改善できるように設計された大規模言語モデル(LLM)を開発します。通信会社の特定のニーズに合わせたLLMでは一般的なLLMよりも明確にユーザーの意図を理解することができ、顧客体験を向上させ、より良いサービスを提供し、クエリ解決のために設計された主要なワークフローを自動化することができるとしています。


 

 

プレミアムイベントレポートシリーズ

MWC 2024では、コネクティビティの全領域に渡る多種多様なイノベーションと、これらのイノベーションが多くの自動車技術やビジネスモデルにどのように適用されるかという強い可能性の両方が紹介されました。本記事で紹介したハイライトは、MWC 2024プレミアムイベントレポート内の包括的な洞察の一部に過ぎません。

プレミアムイベントレポートシリーズの一環として発行される有償版レポートでは、MWC 2024における主要な自動車カンファレンス、トレンド、製品の概要、およびイベントに参加したOEMおよびサプライヤーからの発表内容など、詳細な情報をまとめています。自動車業界におけるノイズを排除し、コネクティビティ戦略を強化するために必要な情報、分析、ヒントを提供します。

MWCイベントレポートの詳細

プレミアム・イベント・レポート・シリーズは、いくつかの重要なイベントが提供する全範囲に関する包括的な洞察を提供します。自動車業界 。新しいエントリーはそれぞれ異なるイベントをカバーし、主要なトピックやトピックとともに、最新の明らかになったことやトレンドを深く掘り下げています。MWC 2024に関する深い洞察に加え、プレミアム・レポート・シリーズをご購入いただくと、以下の各種資料にもすぐにアクセスできます。 CES 2024レポートへの即時アクセスが可能になるほか、今年後半にリリース予定のプレミアムレポート「Auto Beijing 2024」も入手できます。




コメント


ページ下段