このページの先頭へ

UXベンチマーク評価 - Hummer

HMIベンチマークシリーズ - 2022

トピック

フォーマット

User Experience

評価

レポート番号: 

635(22e)

本書の概要

本書の詳細は下記「詳細を見る」をクリックしてパンフレットをダウンロードください。パンフレットには、目次や概要などの詳細を掲載しています。

レポートの価格やその他ご不明点に関するお問い合わせは、「価格を問い合わせる」から送信ください。

対象地域

発行頻度

レポート形態

ページ数

グローバル

米国

中国

欧州

車種/年間

四半期更新

ワンタイム

EXCEL

PDF

PPT

150+

本書について

今回、SBD AutomotiveのUX(ユーザーエクスペリエンス)専門チームでは、Hummer EVのHMI UX評価を実施しました。

Hummer EVピックアップは、SBD Automotiveが実施した過去2年間の評価の中でも、機能性、UXの両方で素晴らしいスコアを獲得し、多くの業界リーダーを含む大半の評価対象車よりも高いUX評価結果を示しました。特に、同じプレミアムセグメントのEVであるRivian R1TよりもUXスコアが高くなったのは、Hummer EVが高い安定性を示したことが主な要因です。しかしながらキャデラック・エスカレードと比較すると、両モデルが同じOEMであるにもかかわらず、機能性とUXの両面では著しく劣る結果となりました。

SBDのUXベンチマーク評価レポートでは、欧州、米国、中国、日本市場で発売された興味深い車をピックアップし、その車載システムのユーザビリティについて実車評価を行い、結果を考察します。

評価対象とする領域には、車両のADAS、インフォテインメント、ナビ、音声認識、コネクテッド機能、利便性が含まれます。各領域について反復的なユーザビリティを得られるか、ユーザーが期待し必要とする機能をソリューションが提供しているかどうか、機能の習得が容易であるかなどをSBDのUX専門チームが評価します。

01

機能と特徴:ユーザーが期待している機能、必要としている機能、問題を解決する機能をソリューションが提供しているか(Wowファクターを提供しているか)評価する。

02

ユーザビリティ:提供される機能を簡単に習得・使用できるか評価する。人間工学、視認性、ユーザビリティの特性の各領域とシステムにおける各種機能の実装状況を考察する。

03

信頼性/安定性:反復的なユーザビリティと、ユーザーが毎回同じような使用感(プラスのエクスペリエンス)を得られるかについて評価する。

主な評価項目

04

知覚品質:HMIコンポーネントの品質がどのように知覚され、それが全体的なユーザーエクスペリエンスにどのように影響するかを評価する。

本書のご契約について

ご契約いただいたレポートはSBDのお客様専用ポータルで提供

ポータルサービスでは法人・団体様ごとにアカウントを作成し、アカウントに紐づくユーザー様間でご契約レポートを共有していただけます。本書をすでにご契約いただいている場合は、下記よりポータルへアクセスしレポートの閲覧・ダウンロードが可能です。

ポータルへの新規ユーザー登録も下記より行っていただけます。所属法人・団体のアカウントへの認証が完了次第、ご契約レポートへのアクセスが可能となります。また、未契約のレポートについてもサンプルをダウンロードしていただけます。

ページ下段