CANバスのセキュリティ対策

サイバーセキュリティの技術、基本原理、対策に関する最新情報

概要

自動運転車/コネクテッドカーが登場したことで、自動車業界が受けるサイバー攻撃のリスクと潜在的影響は非常に大きくなっています。

そのサイバー攻撃を防ぐ最後の砦となるのが、車両を電子的に支える柱であるController Area NetworkCAN)です。CANバスへの不正侵入に成功した攻撃者は、車両の安全上重要なシステムやドライバーの個人データ、深刻な影響を及ぼす可能性のある要素にアクセスできるようになります。

本書「CANバスのセキュリティ対策」では自動車メーカーおよびサプライヤーを対象に、サイバーセキュリティの基本原理、課題、技術要件を明示するとともに、最新の脅威を軽減する方法を詳しく解説しています。

お問い合わせ

本書では下記の内容について解説・掲載しています

CANバスのセキュリティ対策として利用できる具体的な技術

セキュリティチームが直面することになる課題

自動車メーカーがサイバーセキュリティに「多層防御アプローチ」を採用するメリット

本書の特徴と利点

特徴
メッセージ認証、メッセージ暗号化、侵入検知など幅広い対策オプションを詳しく解説
実用的、実験的、理論的な多数のセキュリティソリューションについて制限事項、技術要件、詳細分析データを掲載
各ソリューションのメリット・デメリットを専門家が分析
利点
CANバスへの脅威を軽減する上で必要な基本原理を短時間で理解
車両開発サイクルの初期段階でブランドを保護
車両のコネクティビティおよび自動化が高度になるにつれて増すサイバーセキュリティリスクを予想