このページの先頭へ

FaaSがもたらす新たな自動車ビジネスモデルのロードマップ

Research Report

トピック

フォーマット

Connected

分析

レポート番号: 

639

本書の概要

本書の詳細は下記「詳細を見る」をクリックしてパンフレットをダウンロードください。パンフレットには、目次や概要などの詳細を掲載しています。

レポートの価格やその他ご不明点に関するお問い合わせは、「価格を問い合わせる」から送信ください。

対象地域

発行頻度

レポート形態

ページ数

グローバル

米国

中国

欧州

毎年更新

四半期更新

ワンタイム

EXCEL

PDF

PPT

57

本書について

現在、多くの OEM が自動車に様々なソフトウェアを組み込んでいます。こうしたソフトウェアは自動車のさらなる領域に拡大しており、機能の収益化をポイントオブセールスからアフターセールスに移行する機会が増加しています。このFaaS(Features-as-a-Service)と呼ばれるビジネスモデルにより、OEMへは新たな収益源がもたらされ、新たなプレーヤーにとっては道が開かれることになります。

しかしながら、業界全体でFaaSが採用されるには、OEM各社の飛躍的な進歩が必要です。OEMの多くが、自動車のライフサイクル全体でハードウェアコストを回収する最適な方法を検討する必要があります。同時に、OEMは競争の激しいFaaSのエコシステムで成功するための十分な準備をしなければなりません。これは、他の自動車メーカーだけでなく、スタートアップ、サプライヤー、テクノロジー企業、エンターテイメント企業など、さまざまな新興プレイヤーの一歩先を行くことを意味します。

本書では、FaaSエコシステムを深く掘り下げ、どの機能が最も成功し得るかを特定し、これまでのモデルの実際の成功事例の評価を行っています。また機能の商用化に成功したOEMおよび、この成功を再現しようとする他のOEMの取り組みを分析するとともに、FaaSモデルに対する消費者の意識に関するインサイトを提供します。

01

FaaSビジネスモデルへの移行において成功する可能性が高い機能は何か

02

TeslaはFSDのような機能の商用化にどの程度成功しているのか

03

Faas分野の成長に影響を与える要因

Key Questions Answered

04

価格モデルの変更に対して消費者はどのような反応を示すと考えられるか

本書のご契約について

ご契約いただいたレポートはSBDのお客様専用ポータルで提供

ポータルサービスでは法人・団体様ごとにアカウントを作成し、アカウントに紐づくユーザー様間でご契約レポートを共有していただけます。本書をすでにご契約いただいている場合は、下記よりポータルへアクセスしレポートの閲覧・ダウンロードが可能です。

ポータルへの新規ユーザー登録も下記より行っていただけます。所属法人・団体のアカウントへの認証が完了次第、ご契約レポートへのアクセスが可能となります。また、未契約のレポートについてもサンプルをダウンロードしていただけます。

ページ下段