自動車データ活用動向

点検・メンテナンス・修理サービスによる収益性向上に焦点を合わせ、業界の動向を解説

概要

コネクテッドカーやIoT(モノのインターネット)といった新たなトレンドが自動車業界に変革を起こし、ドライバーやオーナー、OEMに革新的な機能やツールが提供されるようになっています。近い将来には コネクティビティがさらに進化し、既存事業の拡大と新たなビジネス創出の機会が広がるでしょう。

本書では、コネクテッドカーでやりとりされるデータ、接続タイプや手段等の基本的な情報に加え、業界のトレンド分析とそれらトレンドに対する提言を提供します。また、コネクテッドカーのアーキテクチャ、アフターセールスでの点検・メンテナンス・修理サービスへの車両データ利用による収益性拡大の 機会について、詳細に解説しています。

お問い合わせ

本書では下記の内容について解説・掲載しています

車両診断の管理がカスタマーロイヤルティに及ぼす影響

OEMによる車両データ収集の目的

第三者が車両データ購入に関心を持つ可能性の高いユースケース

本書の特徴と利点

特徴
リモート車両診断におけるキーポイントをわかりやすく紹介
コネクテッドカーに必要なコンポーネント、データの可用性やデータ通信コストなどの技術概要を掲載
主なOEMが現在どのように車両データを活用しているのか詳しく紹介
利点
OEM各社のB2Bユースケース の違いやアプローチについて解説
欧州・米国・中国市場におけるリモート診断の今後5年間の展望を検証
プライバシーに関する新たな 規制がOEMのデータ収集に及ぼす影響と対策について解説