このページの先頭へ

シリコンバレーとの融合自動車業界

約45億年後、私たちの天の川銀河は、2倍の大きさのアンドロメダ銀河と衝突し、両者の星の大部分を含む新しい超銀河が誕生する可能性があります。2つの巨大な天体が衝突し、まったく新しい天体を形成するというアイデアは、自動車業界 。天の川銀河が自動車業界 、アンドロメダ銀河はシリコンバレーのかなりの部分を占めている。世界で最も難しいエンジニアリングの課題のいくつかは、モビリティとテクノロジーの交差点にあります。この衝突は、事実上避けられない。

これまでの10年間、ハイテク産業と自動車のコラボレーションは、CarPlayやAndroid Autoなどのデジタルサービスに集中していましたが、これからの10年は、消費者向けではないテクノロジーが主役になります。機械学習、人工知能、クラウドコンピューティング、エッジコンピューティング、コンテナ化、ビッグデータなどが、当面の自動車の設計・開発方法において重要な役割を果たすことになるでしょう。

現在の自動車技術提携の波は、すべて次のようなものだ。ソフトウェアディファインドビークル

業界では、このような技術の融合を「ソフトウェアディファインドビークル 」と呼ぶようになった。その本質は、車両がその物理的な部品表を構成するハードウェア・コンポーネントによって主体的に縛られるのではなく、むしろ、体験、性能、および機能性の大部分が、ハードウェアに深く縛られることなく、その上で動作するソフトウェアで定義されるということである。自動車メーカーは現在、このような野心を支える車両プラットフォームを設計するための中核的な技術的・組織的課題に取り組んでいるが、10年後も関連性のある設計を成功させるためには、発売後にこれらのプラットフォームをどのように更新し、相互作用させるかも考慮しなければならない。

SBD AutomotiveによるSoftware-Defined Vehicleの6つの原則


このようなさまざまな要件の架け橋となるには、多様なスキルが必要となる。OEMのサプライチェーンを介した経路もあり、テクノロジー業界の最近の動きはここにある。 今週、AWSはContinental Automotive Edge(CAEdge)と呼ばれる自動運転、データローカライゼーション、リモートアップデート、その他のソフトウェア指向のツールをOEM向けに提供する統合プラットフォームを開発するため、Continentalと深いパートナーシップを結んだと発表した。プレスリリースには、その意気込みがうまくまとめられている:「CAEdgeは...ソフトウェア集約的な機能を開発、供給、保守するための多くのオプションを提供する仮想ワークベンチを特徴としている。基本的に、コンチネンタルとAWSは実際の車両ソフトウェアを提供するのではなく、OEMが適切と考えるリソースを使用してこのソフトウェアを開発することができる。このパートナーシップはツールセットにとどまらない:AWSは、1,000人以上のコンチネンタルのエンジニアに、特に機械学習の領域で、AWS技術がソリューション内でどのように使用されるかを最適化する手段として、トレーニングを提供している。

このようなビジョンを持って市場に出たのは、Continental社とAWSが初めてではありません。2月には、AWSとContinentalの主要な競合であるMicrosoftとBoschが、それぞれ同様の提携を発表している。共同開発するツールチェーンの機能に関する正確なビジョンは、コンチネンタルとAWSほど明確ではないが、ボッシュとマイクロソフトの提携は、より明確にDevOpsの領域(車両ソフトウェアに継続的に更新を提供するためのフレームワーク)を対象としている。マイクロソフトとボッシュは、共同開発したツールチェーンを搭載したプロトタイプ車両の最初の目標として、2021年末を発表しています。

技術パートナーシップは、テクノロジーと同様に組織とプロセスが重要です。

自動車メーカーはアジャイル開発に苦戦している。自動車開発プロセスには、一般的に安全コンプライアンスと品質管理の目的で深く成文化されてきたものがあり、アジャイルを機能させる原則とは相反する。同時に、今後10年間の自社製品の競争力は、車載のデジタル化と統合(ユーザーエクスペリエンス )の直接的な結果として、新機能の実現、顧客問題の解決、ブランド体験の向上にどれだけ柔軟に対応できるかに大きく基づいて判断されることも理解している。 すべての規制要件も満たすプラットフォームの上に、アジャイル開発をサポートする技術イネーブラーを構築することに加え、自動車メーカーは、製品を反復的に構築するために必要なプロセスと関係を実現するための大幅な変革も必要としている。3~4年の開発サイクルを重視するビジネスから、アクティブなサイクルの納品後に新しいサイクルに切り替えるのは、狭い運河で巨大な貨物船を180度回転させようとするようなものだ。速く(あるいは少なくとも十分に速く)実現することはできず、危険がいっぱいだ。 テック企業が行っている賭けのひとつは、自動車メーカーが、サブスクリプション・ビジネス・モデル、アジャイル開発、ソフトウェア定義機能における経験を活かして、軌道修正を加速させたいと考えるだろうということだ。ソフトウェアの定義を支援するプラットフォームやテクノロジーの必要性は明らかだが、これらの企業がOEMのプロセスや文化に重大な影響を与えることができるかどうかは、それほど明確ではない。

この文脈で重要な影響を与えるには、Google がチーム・アップストリーム(Team Upstream)においてFord と協力しているのと同様に、より深いパートナーシップが必要である。自動車メーカーがより高いレベルのアジリティを達成するためには、相互に有益なテクノロジーに共同投資しながらリソースを組み合わせ、共同配置することが、全体として最も大きな効果をもたらす可能性が高い。マイクロソフトとAWSは、プロフェッショナル・サービス機能を有しているが、これらのソフトウェアが「破壊的」レベルに達するには、これらの企業と自動車開発の顧客またはパートナーとの間のより深いレベルの統合が必要である。




生産は次のステップへ

このような動きがあるにもかかわらず、車両内のソフトウェア定義機能に必要な技術ツールチェーンを提供するプラットフォームを実際に立ち上げた自動車メーカーはほとんどない。高い安全性を維持しながら、より速い製品開発サイクルに適応する業界の真のリトマス試験紙は、今後5年間で試されることになる。この調整は、電動化とそのサプライチェーンの課題、シェアード・モビリティというシュレーディンガーの猫、セキュリティとソフトウェアのアップデートに関するより厳しい規制など、業界の他の破壊的要因とのバランスを取る必要がある。自動車メーカーは、対応可能な市場に対して適切な製品ポートフォリオを実現するために、技術的な準備態勢を確保するための投資のバランスを慎重にとらなければならない。ティア1やクラウドベンダーが開発したような、経験豊富なパートナーやプラットフォームのポートフォリオを構築することは、パズルの1ピースに過ぎない。 将来を見据えると、自動車とハイテクセクターの衝突は今後も続き、OEM各社に差別化のための新たな機会が生まれると同時に、能力の劣るOEM各社は、自社製品の競争力が低下するにつれて、市場統合や市場放棄を余儀なくされるだろう。アンドロメダが天の川銀河に衝突するように、巨大なテクノロジー・セクターは自動車バリュー・チェーンのかなりの部分を吸収し続けるだろう。しかし、天の川銀河とアンドロメダ銀河がひとつの超銀河系に合体するという保証がないのと同様に、自動車業界 、テック・セクターに飲み込まれるという保証もない。Google 、Amazon のような企業が自律走行とモビリティ機能に多額の投資をする一方で、自動車メーカーは必要なところで競争するために技術戦略を適応させなければならないが、全く新しいタイプの競合に直面して市場シェアを拡大するために独自のブランド差別化要因を提供することに集中し続けなければならない。

より深く掘り下げるソフトウェアディファインドビークル

SBD Automotive は、Software-Defined Vehicle の中核的な要件と側面を深く確立し、各技術レイヤーとその相互依存関係を説明し、OEM 固有のソフトウェアディファインドビークル 戦略を詳細に評価し、Tier1/Tier0.5、クラウドサービスプロバイダー、ソフトウェアベンダーを含むソフトウェアディファインドビークル サプライチェーンの主要プレーヤーを紹介するレポートを作成した。ソフトウェアディファインドビークル テクノロジーの最先端を理解したい OEM の皆様にとって、本レポートは、現在の製品ポートフォリオを評価し、将来の世代に向けたプランニングを開始するための、特別に設計されたベースラインとして役立つことでしょう。

ソフトウェアディファインドビークル テクノロジー・スタック (SBD Automotive)



自動車技術サプライチェーンの一員であれば、本レポートは、自動車メーカーが差別化を図るためのベースラインとなる製品やサービスの中核となる機会を詳述することができる。車両のハードウェアとE/Eアーキテクチャから上流のクラウドサービスに至るまで、本レポートはソフトウェアディファインドビークル 、エンド・ツー・エンドの技術スタックを網羅的に詳述するとともに、異なるレイヤーのバリューチェーンを明確に定義し、サプライヤーがソフトウェアディファインドビークル 、目標とする製品戦略とビジネスモデルを策定する際の目標を確立する。


コメント


ページ下段