このページの先頭へ

SBD Explores:アディティブ・マニュファクチャリングはOEMにどのような戦略的価値をもたらすのか





(※本記事は一部自動翻訳サービスを利用して翻訳されています。) 近年、15社の自動車メーカーが、生産工程に積層造形(3Dプリンティング)を活用する計画を発表しています。それはなぜなのでしょうか?アディティブ・マニュファクチャリングには、パーソナライズされたユーザー体験の提供や製造スケールの最適化など、自動車に適用できる多くのユースケースがあります。これらのユースケースの多くは現在、初期の模索の段階から現実世界への実装へと移りつつあります。


本記事では、積層造形が自動車市場にどのようなメリットをもたらすのか、またどのような課題が残されているのかを検証します。


同分野における動向

自動車用アディティブ・マニュファクチャリング市場は、過去5年間で成長しており、OEM数社が自動車の組み立てや自動車本体内でアディティブ・マニュファクチャリングを採用しています。

  • GMはアディティブ・マニュファクチャリングを活用し、射出成形ツールの準備が整う前に、Chevrolet Tahoe の部品を作る。

  • Nissanは、破損したウォーターポンプ(複雑な部品)を3Dプリントしたバージョンと交換した。この部品は40分でプリントできる。

  • Bugattiは2019年、OEMとして初めてチタン製ブレーキキャリパーを印刷した。

  • VWVW Van内でセンターキャップを3Dプリントし、金属のように見えるように電鋳する。

  • Fordは、組立ラインで使用される「プーリー」を印刷する。従来は180ドルもしたこのプリーは、今ではわずか0.50ドルである。

  • Fordは、新世代のバイヤーを惹きつけるためにプリント部品を使用している。Ford から提供されるファイルを使って、オーナーはマーベリック用のカスタムアドオンをデザインし、印刷することができる。


なぜ、それが重要なのか?

OEMは、アディティブ・マニュファクチャリングを利用することで、新しい消費者体験の創造、設計特性を向上させた部品の製造、製造時間とコスト削減の方法を模索しています。

  • コスト削減 プロトタイプや生産ラインツールの迅速なターンアラウンドによって。また、レガシー/スペアコンポーネントや組立ラインツールのデジタルストレージにより、コストを削減することができます。

  • CXの向上 オーナーが自分のクルマをパーソナライズできるようにし、高品質な完成部品を提供することで、CXを向上させる。

  • 設計の強化 軽量で強度の高い複雑な部品を簡単に製造できる。品質仕上げのための後処理を最小限に抑えることができる。

  • 生産の合理化 アディティブ・マニュファクチャリングを活用して、予期せぬ需要に対応。従来の方法を1回のプリントで代用することで、何百もの小さなユニークなコンポーネントを製造する時間を節約します。


今後の展望

アディティブ・マニュファクチャリングは、OEMが部品の生産を最適化するのにますます役立つでしょう。しかしながら、コンポーネントの大量アディティブマニュファクチャリングへの道はいまだ途上にあります。

  • 今現在、アディティブ・マニュファクチャリングは、部品のデジタル保存による間接費の削減や、カスタム部品による新しい消費者体験の創造に活用することができます。

  • 中期的な進歩により、従来の製造業の課題解決に貢献することが期待されます。アディティブ・マニュファクチャリングは、従来の製造業が苦手とする部品を、より大規模に製造するために使用されるでしょう。

  • 特に金属の3Dプリントでは、後処理の自動化が大きなハードルとなっています。アディティブマニュファクチャリングが大量生産のための従来の方法に取って代わることができるようになる前に、これを解決する必要があります。


  1. OEMは、アディティブマニュファクチャリング技術が自社の戦略にどのような付加価値を与えることができるかを検討することになるでしょう。

  2. ハイエンドモデルやトリムにカスタマイズされたコンポーネントを追加することで、新しい消費者体験を創造するOEMが増加するでしょう。

  3. アディティブ・マニュファクチャリングは、中規模生産のためのユニークな複雑な部品製造という点で、従来の製造を上回るでしょう。

  4. 金属の3Dプリントの後処理を自動化することは、大量生産に向けた課題として残っています。


注視すべきこととは?

アディティブ・マニュファクチャリング戦略を効果的に実行するためには、従来の製造パートナーの枠にとらわれないことが重要です。OEMがパートナー候補に求めるべき特性はどのようなものでしょうか。

  • 新しい消費者体験を創造しようとするOEMは、高品質の仕上げを行いながら、様々な部品のアディティブマニュファクチャリングに取り組むパートナーを検討する必要があります。

  • 新たなプリント技術や素材を得意とする企業と連携することで、新しい部品を開発することが可能となります。

  • 部品の短納期化は、確立された技術と生産目標達成に必要な拡張性を持つ企業と提携することで実現できます。この目標を達成するためには、信頼性の高いプリント業者が必要です。実験的な材料や業者により、このユースケースにおいて問題が生じる可能性があります。

  • 複数のプリントをデザイン通りに仕上げるためには、一定の再現性が必要です。


どのように対応すべきか?

Explore

消費者向けでないユースケースにアディティブマニュファクチャリングを導入する機会を探ることを推奨します。


Prioritize

アディティブマニュファクチャリングが現実的なKPI達成に貢献できる分野を検証します。ビジネスニーズに合致しない、誇大広告的なアディティブマニュファクチャリングの採用は避けるべきだと言えます。


Partner

アディティブマニュファクチャリング企業との幅広いパートナーシップに焦点を合わせ、長期的な目標達成に貢献できる企業を見極める必要があります。


詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotiveではカスタムプロジェクトを通じて、クライアントが新たな課題や機会へ取り組むことを支援しています。最近のプロジェクトに関する詳細や、その他ご要望については下記までお問い合わせください。



 

関連コンテンツ:






 

ページ下段