このページの先頭へ

SBD Explores: 電気自動車への移行 - なぜ日本のOEMはBEV競争で遅れをとっているのか?





(※本記事は一部自動翻訳サービスを利用して翻訳されています。) 日本のOEMはHEVをいち早く採用し、自動車のカーボンフットプリントに大きな影響を与えました。


しかしながら、当初は先駆者であった日本のOEMは、現在遅れをとっている形となっています。


本記事では、日本の自動車メーカーがBEVの採用に消極的であることについて掘り下げ、競争力を取り戻すために採用されている戦略を検証します。


同分野における動向

競争力のあるBEVのリリースに消極的であったため、日本のOEMはEV業界における市場シェアの低下を経験しています。

  • 過去4年間で、日本メーカーのグローバルでのPHEV販売台数は約22%から6%へと大幅に減少しています。また、すでにわずかだったBEVのグローバルシェアも、すのシェアを失っています。

  • Toyotaは、1台のBEVの長距離用バッテリーに使用される原材料を使用して90台のHEV用バッテリーを製造することができ、全体としてはより多くの炭素削減の可能性があるとしています。

  • 日本のOEMは電動化の未来を信じていますが、HEVからBEVへ徐々に移行することで効率的に課題に対処することができます。これらの課題には、サプライチェーンの問題につながる日本の資源の少なさ、破壊的な資源採掘、化石燃料を使った発電による環境汚染などが含まれます。

  • これらの要因が相まって、ハイブリッドと水素がBEVよりも優先されてきました。

  • BEVに乗り換える消費者が増えている一方で、日本製BEVが販売されていないためEV市場のにおけるシェアが低下しています。


なぜ、それが重要なのか?

日本のOEMは、2010年にNissan リーフでBEVを初めて市場に投入しました。それ以来、大手メーカーがBEV市場で台頭する一方で、日本のOEMは後れを取っています。

  • 日本のOEMは、HEVに関する既存の知識とアーキテクチャーに基づいてBEVを生産し、競合他社よりも優位に立つことができたはずでした。

  • ToyotaとHondaは、HEVからPHEV、BEVへの移行に約20年を要しましたが、他の大手OEMはもっと短期間でした。これは、日本のOEMが大規模な商業展開の前に技術を完成させることを好むためでもあります。

  • 日本はバッテリー用資源が限られているため、政府はカーボンニュートラルな社会構想に水素戦略を優先しています。その結果、日本のOEMは、純粋なBEV技術に幅広く注力するよりも、水素技術に投資することを選択しました。

  • ハイブリッド車と水素自動車へ注力したことで、競合他社にBEVの開発と商用化で大きく水をあけられることになりました。特に、競合他社がBEVの選択肢を求める消費者を獲得しているため、日本のOEMがBEV分野で市場牽引力を得るのは難しい可能性があります。



今後の展望

日本市場では、OEMメーカーがBEV競争に参加せざるを得なくなった今まで、水素はハイブリッド技術の次のステップと考えられてきました。

  • Toyota、Honda、Nissan は、EV市場シェアを拡大する計画を発表しました。各社はそれぞれ、2025年、2026年、2030年までに包括的な電気自動車を発売する計画を発表しています。

  • ソリッドステートバッテリーは、バッテリー技術における最新のブレークスルーであり、Toyota、Honda、Nissanは、いずれも2020年代半ばから後半までにソリッドステートバッテリーの生産を実現することに前向きな姿勢を示しています。これが実現可能であれば、これらのOEMはこの革新的な技術を活用することで、現在の競合他社をリードすることができるでしょう。

  • 日本のOEMは、水素技術の研究を続ける一方で、BEVに新たな焦点をあてています。水素のさらなる進歩は有望だが、まだ実現可能ではありません。自動車業界 にとって、水素が実用的な燃料源になるかどうかはまだ不明です。


  1. 日本の自動車メーカー各社は、新プラットフォームを採用したBEVのラインナップを積極的に製造し、発表し始めています。

  2. 最新のBEVが販売され普及し始めれば、日本のOEMはTesla、VW 、BYDといった大手メーカーから市場シェアを獲得し始めるでしょう。

  3. ソリッドステートバッテリーは新しいプラットフォームへの実装が可能になり、日本のOEMはすでにこの技術に多額の投資を行っています。

  4. 水素技術の継続的な開発は、業界内でのブレークスルーにつながる可能性があり、BEVへの重大な挑戦となる可能性があります。


注視すべきこととは?

日本のOEMはBEVでは遅れをとっているものの、将来の水素とソリッドステートバッテリー技術ではリーダーになる可能性を秘めています。

  • 日本の自動車メーカーはEV競争で遅れをとっているとはいえ、各社はEVシナリオに対してそれぞれ異なるアプローチをとっています。ToyotaはHEVからPHEV、BEVへと徐々にステップアップしており、Nissan はHEVからBEVへと直接移行しました。

  • BEVが生産されているということは、新しいプラットフォームを作るよりも、ソリッドステートバッテリーを導入する方がずっと容易であるということを意味します。

  • 同時に、ハイブリッド・プラットフォームは将来のゼロ・カーボン燃料の統合を容易にします。Toyotaが指摘するように、ガソリンやディーゼルを使用した場合でも、ハイブリッド車はBEVよりも二酸化炭素排出量を削減できる可能性があります。

  • 日本のOEMは、パワートレインへの投資を多様化することで、EV業界の既存のリーダーを追い越すことができる可能性があります。その背景には、日本のOEMがソリッドステートバッテリーと水素技術の両方の採用を促進する能力を有することにあります。多くの著名なOEMがBEVにシフトしている一方で、水素燃料電池技術についてはまったく新しいプラットフォームを開発する必要があります。


とるべき対応

Observe

日本の自動車メーカーはこれまで後塵を拝してきましたが、ソリッドステート技術と水素技術でリーダーになる可能性があります。


Evaluate

社内のロードマップが、現在のBEV技術の枠を超えているかどうかの検討をする必要があります。


Strategize

必要な技術的専門知識がすでにある場合は、リーダー勢との協力や技術の導入を計画することが有効です。


詳細に関するお問い合わせ

SBD Automotiveではカスタムプロジェクトを通じて、クライアントが新たな課題や機会へ取り組むことを支援しています。電気自動車やEV技術に関連する最近のプロジェクトに関する詳細や、その他ご要望については下記までお問い合わせください。



 

関連コンテンツ:










 

コメント


ページ下段