このページの先頭へ

SBD Automotive 第4四半期ハイライト



2023年最終四半期には、自動車業界の多くの著名なプレーヤーが、2024年とその先の未来に向けた広範にわたる新たな発表、取り組み、発売などを共有しました。しかしながら、こうした多くの重要なイノベーションが急速に進んでいるため、各四半期の最も重要な瞬間や自動車業界に対するより幅広い意味合いを判断するのは容易ではありません。

 

このインサイトでは、最新のインサイト記事や調査レポートなど、過去3ヶ月間の最新の活動を紹介しています。これらの活動を通じて、雑音を排除し、この四半期で最も興味深く、洞察に富み、インパクトのある業界の最新情報についての明確な洞察をお届けします。



インサイト


第4四半期総括

2023年最終四半期総括レポートでは、過去3ヶ月間に自動車業界を定義したCASESとAIの主要トレンドをマッピングしている。また、この期間に最も大きな影響を与えた5つの主要組織を特定している。





SBD Explores:双方向充電の可能性

EUの新たな規制は、充電ポイントによってEVが柔軟なエネルギーシステムをサポートし、再生可能な電力を蓄えることができるかを評価することを加盟国に義務付ける。このインサイトでは、この規制がEV所有者、エネルギー消費者、OEM、充電事業者に与える影響を探る。





SBD Explores: ソフトウェアディファインドビークルの新たなエコシステム

SDV の導入が成功すれば、ハードウェアとソフトウェアを独立して開発できるようになり、OEM は変化する顧客の要求に応えることができるようになる。本号のSBD Explores では、当社の専門家が OEM が利用できる戦略とそれぞれの利点について紹介します。





SBD Explores:800VのEVとは何か?

800Vアーキテクチャは、OEMが自動車の消費者体験を向上させるのに役立つ一方で、現在のソリューションよりも高い構築コストを伴います。今回は、今日の800V市場を深く掘り下げ、その利点、欠点、主要プレーヤーについて概説します。





SBD Explores:セキュリティとトレーサビリティを強化する自動車向けSBOMの活用

ソフトウェア部品表は、重要な品質追跡と検証プロセスを可能にする機械読み取り可能なフォーマットであり、将来のSDVを保護するために現在導入されている。このインサイトでは、自動車業界におけるSBOMの現状と、SBOMが車両ソフトウェアの安全性をどのように確保するのかを探る。





SBD Explores:新たなAIエンジンによる車内体験の革命

OEMやサプライヤーは、拡張IVI体験を提供するために、大規模言語モデルを搭載した新しいバーチャルアシスタントを急速に開発しています。このインサイトでは、これらのアシスタントを開発する上での機会と課題を明らかにし、消費者とOEMにとっての意味を検証します。





ソフトウェアディファインドビークルによる自動車業界への影響とは

SDV は多くの業界に影響を与えることが予想されるため、SDV の開発を検討している OEM は、そのための最良の知識と手法を備えている必要があります。このインサイトでは、未来の自動車に関する重要な情報源となる、SDVに焦点を当てたレポート群をご紹介します。




伝統的な自動車メーカーによるEV革命へのコミットメントの進捗状況とは

EVが自動車業界の主役であり続ける中、米国の自動車大手はEVへのコミットメントを倍増している。しかし、本当にそうだろうか?VehiclePlannerProの車体番号データを用いて、このInsightは各社のEVがディーラー在庫に掲載される期間と販売時期を追跡している。






第4四半期に発表されたレポート



UX ベンチマーク評価 - MG4 EV

MG4 EVは、当社の専門家が世界中で発売された最新のHMIシステムを徹底的にテスト、評価、ベンチマークする「HMI UX評価&ベンチマーク」シリーズの一環としてレビューされた最後の車でした。MG のライブサービスに加え、EV はADAS のスイートも提供しています。




車載HMIのUX評価とベンチマーク - 年度末サマリー

2023年、新たなUXを提供する、あるいはかつてエンドユーザーの悩みの種であったソリューションを実装した6台の自動車を評価した。本レポートでは、これらの自動車に搭載されたHMIシステムを、いくつかの機能領域にわたってベンチマークしている。





ソフトウェアディファインドビークル将来予測 

ソフトウェアディファインドビークル 予測では、さまざまな地域やセグメントで SDV テクノロジーを可能にする成長を評価しています。10年予測では、主要なOEMグループが将来のE/Eアーキテクチャ要素をどのように展開するかを特定するとともに、これらの要素がどのように進化していくかを評価します。






自車位置推定および地図ベースADAS

本レポートでは、OEMが採用しているローカリゼーション技術と、それによって実現されるユースケースについて概説しています。本レポートでは、現在のこれらのテクノロジのエコシステムを分析する一方で、将来を見据え、新しいADAS およびローカリゼーションシステムの採用に関する 5 年間の予測も示しています。






サイバーセキュリティ法規制ガイド

サイバーセキュリティ法制ガイド」は、各法制の背景や時系列、ベストプラクティスや標準を提供しながら、重要な要件を強調したリファレンスを提供します。また、各法規制の意味するところや、どこに目を向けるべきかを明らかにしています。







SBD Automotiveでは毎週発行するニュースレターで

最新情報をお届けしています。購読(無料)は下記にてお申込みいただけます。



コメント


ページ下段