法規制ガイド

政府の取り組みが自社製品に及ぼす影響を予測

概要

欧州における eCall、米国における V2X の義務化の動きにより、自動車業界は複雑な課題に直面しています。サイバーセキュリティ、データの​機密性、自動運転車のテストなど​について各国政府の方針が定まっていないことも重大な問題となっています。

SBD の「法規制ガイド」では現行および今後施行が予定されている法規制が OEM、サプライヤー、通信事業者、テレマティクスサービスプロバイダーに及ぼす影響について解説しています。世界の主要地域における法規制の影響や最新の動向についての詳細情報を提供します。​

お問い合わせ

本書では下記の内容について解説・掲載しています

政府の取り組みが OEM、サプライヤー、その他関係者に及ぼす影響

新たな法規制、政策、ライセンス制度、ガイドラインはいつ発表・施行されるのか?

各取り組みに参加しているのは?またそれに対する自動車業界の対応は?

本書の特徴と利点

特徴
150 以上の政府による取り組みを紹介
各地域における法規制、政策、インセンティブ、消費者ニーズなどを解説
使いやすいインタラクティブなフォーマットで、必要な情報の検索が容易
利点
自動運転、サイバーセキュリティ、コネクテッドカー技術に関する法規制を掲載
法規制が及ぼす影響とそれに伴う可能性について解説
四半期毎の更新で常に最新情報をお届け