ビジネスの改善

ある世界有数の自動車メーカーは、コネクテッドサービスプログラムで競合他社に後れを取っていることを認識しており、SBD の支援のもと、ビジネス目標に沿ったコネクテッドカープログラムを開発するためのビジネスケースを策定しました。

課題

 同メーカーのコネクテッドサービスプログラムがどのように競合他社に後れを取っているかを明確にし、社内での理解を深め対応する必要がありました。

お問い合わせ

SBDでは以下のプロセスでコンサルティングを実施しました

最終目標を設定

SBD は同メーカーの上級管理者に話を聞き、コネクテッドサービスプログラムを通じて同社が達成したいことを明確にしました。

市場で実際に起きていることを把握

1 日のワークショップを開いて、競合他社の提供状況や採用されている技術・キープレーヤーについて説明しました。

機能を選択

単に競合他社が提供している機能に着目し追従するのではなく、ビジネスの KPI を達成可能な機能を選択できるよう 方向づけをサポートしました。SBD はまた、同メーカーの既存インフラのうち、コスト効果に優れた方法で調整や再利用が可能なものを特定、最適化を支援しました。

結果

  • より競争力に優れたコネクテッドサービスプログラムを開発するビジネス上の妥当性を明確に理解した上でコネクテッドサービス戦略を構築することができました。
  • 将来、ソリューションが断片化され、不要なコストが発生するような事態を防ぐため、技術および組織のインフラを同社の全主要市場で問題なく使用できるよう、SBD は二次調査を実施しながら現在もサポートを続けています。​